月の日(写真集


ツイッターに呟いたことのコピー覚え書き



月の日という写真集を見たのだけど、大変よきだった。

恐らく男性向けの写真集なのだけど、登場する花が女性器のようで考える。

真横向きの写真と、真ん中より前のページで登場した正面からの顔の写真がとくによかった。

正面顔を美しいと思うことは稀なので、モデルさんの名前を探してしまった。



男性の肉体の隆起は、まるで平面だ。

女性の肉体の丸みは三次元を感じるのに(陶器の丸い壺のようだ)、

男性の凹凸は二次元に意図して描かれたもののように感じる。

目の前にいても錯覚する。

きっと私の頭の中で触覚化できないからなのだろう。

触った経験が乏しい。

隆々とした男性を触りたい。

スポンサーサイト

二度目の築地場外

昨年末から狂ったように生麩を食べたがっていた私。

ネット通販使うか…でも送料高いな…

あ、スーパーに売ってる…値段がネットの二倍以上だ…しかも飾り麸?花型しかない…

という感じで迷い続けていたのですが

築地に販売店があることを知り、築地まで出掛けることにしました。

すしざんまい本店に行ってみようって友達と話してたしね!

友人をお誘いしてお出掛け。

初めての時はお昼過ぎてからだったので、お店もほぼ閉まっててお客さんもまばら

でも今回は

卵焼きを買う!

生麩を買う!

自家製西京味噌に漬ける魚を買う!

すしざんまい本店へ行く!

と、ちゃんと目的を決めていたので、午前中に行きました。

駅に降りたら、恐らく築地目的の外国人がわんさか…

やっぱり前回より混んでる時間みたいだよー

まずは卵焼き。

事前にちょっとネットで調べて、その場で食べられる卵焼きを置いてるお店をチェック、一番美味しかったところをお土産にしようと目論んでいました。

リクエストは甘いのだったので一番甘いのを買って帰ろうと思ってましたが

結果的に丸武さんのを購入して帰りましたー。

ついてすぐにまず目に入った丸武さんへ。

その場で食べられる卵焼きを購入。

KIMG0673.jpg


…大きい。

え、これ食べ比べてたら卵焼きでお腹いっぱいになるのでは…?不安

とにかく一つ目を友人と半分こして食べ

ふわふわあつあつでうまー(*´ω`*)

甘い。でも甘過ぎない。

続いて山長さんへ。

(写真は丸武さん以外撮り忘れた)

その場で食べられるのを買ったけど、やはりこちらも大きい。

大根おろしをのせてくれました。

また友人と半分こしたのだけど、友人の「甘!」という悲鳴にも受け取れる声(笑)

私は反対側から食べていて「だしの風味が効いていて薄味で美味しいな♪」ぐらいだったので、二つ目だから感覚鈍ったのかな?なんて思ってましたが

白旗あげた友人の代わりに食べすすめると

友人が食べていた側だけめちゃめちゃに甘い( ;∀;)

え?なんだこれ?甘いよ?甘すぎるよ!?

とにかく次のお店へ。

(しかしこの時点でかなりお腹がふくれていて、卵焼きに飽きてきていた…)

お次は松露さん。

なんとこちらのお店は良心的にも試食が…!

ありがてえありがてえって言いながら、友人と食べました。

(量的にも一口で済んでありがてえだった)

こちらは冷めたのをいただけたので、持ち帰ってのイメージがつきやすかったです。

思い返せば冷めてたせいだろうけど、生地がしっかりめ。

最後に大定さんへ。

残念ながら試食はなく、再び大きな卵焼きを買い友人と分ける…

うう、お腹が…と思って食べていたら、店頭に試食が並びました。涙目。

こちらは卵の味が一番しっかりめに感じたかも。

リクエストが甘い卵焼きだったのですが、甘いだけで選ぶなら色んな意味で二番目だけど…

友人「最初のとこが一番美味しかったかなと思います」

はち「私もそう思う」

友人「じゃあそうします?」

はち「でもよく考えると、一つ目だったからという気がしてならない(笑)お腹減ってたし(笑)」

友人「確かに(笑)」

丸武さんに戻り持ち帰り用商品を見て、ハーフサイズみたいなのの販売もあったので、結局それにしたのでした。

KIMG0677.jpg


ちょっとお腹が…お寿司厳しい…

ということで腹ごなしに先に生麩屋さんへ行くことに。

(と言いつつ、途中で生牡蠣を食べました(笑)人生初の生牡蠣でしたが、私は調理してあるほうが好きかな…)

KIMG0674.jpg


生麩屋さんは場外市場から少し離れたところ。

角山商店さん。

冷凍保存ができるので

あわ麸、よもぎ麸、ごま麸、くるみ麸、くり麸、かぼちゃ麸の六本を購入しました。

KIMG0678.jpg


念願の…!ついに…念願の…!!

生麩だーい(。>﹏<。)

生麩はお腹の調子が悪い時でもタンパク質が取れるので貴重です。

(購入翌日、早速田楽にして食べました。この為に自家製西京味噌で柚子味噌も作ったよ!麸はあわ麸。はああぁあ生麩うまー(*´ω`*))


lento_20160220192513.jpg


無事に一番の目的を果たし、すしざんまい本店へ向かう。

とても並んでるー。きゃー。

社長さんの本物には会えませんでしたが、

ケンタッキーのカーネルサンダースおじさん人形的な感じの社長さんには会えました(゜-゜)

KIMG0675.jpg


初めてのすしざんまいだよ。

三階へ通されたのでヒーコラ言いながら階段を登りました。

カウンターではないので、ランチセットを頼み

気になるものを後から個別で注文しました。

メニュー表にはありませんでしたが、漬けまぐろも作っていただけましたよー(*´∀`)

これ、ランチメニューですが、貝だけ食べちゃってます(笑)

KIMG0676.jpg


さて、あとはお魚を買って帰るーなのですが

お魚屋さんにてこんなやり取りをしました。

はち「あの鮭は何切れ入りですか?」

店員さん「五切れだよ!塩してあるからそのまま焼いて美味しいよ!」

はち「あ、西京焼きにしたいんです…」

店員さん「西京焼きね!ならタラがいいよ!」

はち「あ…実はタラはやっちゃってて、その後漬けるものを探してて」

店員さん「あ、そうなんだ…。ちょっとおいちゃんに訊いてみるね。●●さーん、西京焼きの魚ってどうですかねえ?」

店員さん2「西京焼きー?(店の奥から出てきながら)西京焼きならね、タラがいいよ!」

店員さん「あ、タラはもうやっちゃったみたいで」

店員さん2「そうか…」

シーン

女性店員さん「なになにどうしたの」

店員さん2「西京焼きにするのを探してるって」

女性店員さん「あら!ならタラがいいわよ!」

店員さん2「や、だから、タラはやっちゃってるんだって!」

女性店員さん「そうなの…」

はち「あ、あの、すみません。この時期やっぱりちょうどないですよねー…!」

店員さん「うーん」
店員さん2「そうだなあ」
女性店員さん(様子見てる)

はち「あの、あの、すみません。また買いにきます!」

文章にしちゃうと面白さを伝えられませんが、こんな新喜劇みたいなことがありました。

そんなわけで、今回はお魚は買わずじまいでした!


今回も楽しかったなー。

移転先はどんなふうになるのかな?

築地場外市場は豊洲移転後も残るようなので、また来たいと思います!

岩下の新生姜カクテル

TLの新生姜祭りにのりたかったのですが

ダジャレのセンスは皆無なので

自分の好きなことでやってみられることは何かと考えて

岩下の新生姜を使ったカクテルを考えてみることにしました。



実はそもそも私、岩下の新生姜を購入したり食べたりしたことが人生で一度もなかったのです。

幼少期は兄弟と争って食べたお漬物、

多分その時に人生のお漬物キャパシティを超えたのでしょう。

小学校に上がるより早く、お漬物を食べなくなりました。

たまに自分で漬けるものを覗いて

市販のお漬物全般が苦手で

その理由もあり岩下の新生姜処女だったのです。



さて、そんな私がスーパーで岩下の新生姜を初購入しました。

こちらです。



岩下の新生姜を使ったカクテルについて思いついた時に、一番始めに浮かんだアイディアは

新生姜をマドラーとして使う

でした。

しかし、この案のカクテルは作ってみてからおじゃんになります。

何故なら既にこの世に存在していたのです…岩下の新生姜マドラーのカクテル。

岩下さんのホームページでも紹介されていました。

確認不足です…。

でもせっかく作ってみたので、掲載します。

(久しぶりにカクテルを作ろうとして、かなりのグラスを壊して捨てていたことに気付きました。自宅にある小さめのグラスを使っています。柄は気にしないでください。)



名前は“新生姜フィズ”です。

レシピは
岩下の新生姜一本
岩下の新生姜の漬け液:ウォッカ:ブルーキュラソー
1:1:4
炭酸水適量
です。

漬け液とウォッカをシェイクします。
グラスに注ぎ、炭酸水でアップします。
ブルーキュラソーをグラス伝いにそっと入れ、仕上げに岩下の新生姜をマドラーとしてさします。

ソルティドッグのような、塩気を感じるカクテルです。
一口目は海かと驚きますが(ぇ
ブルーキュラソーを混ぜれば塩気が緩和され、新生姜の香りが発され、ジンジャーエールのような味になります。
岩下の新生姜がポンジュースとコラボしてるのを知り、キュラソーを使いました。




新生姜マドラーがパクったようになってしまったので

もう一種類作りました。



名前は“しんしょうがくせい”です。

レシピは
薄くスライスし桜の花びらのように切り込みを入れた岩下の新生姜
岩下の新生姜の漬け液:桜のリキュール
1:3
炭酸水適量
です。

グラスに漬け液とリキュールを入れ、炭酸水を注ぎビルドします。
スライス新生姜を浮かべて完成です。

使用する桜のリキュールの種類で変わると思いますが
塩漬けの桜がのった和菓子のような風味です。
塩気が強ければリキュールとの割合で調整します。
同系統の色をしたリキュールで漬け液の色味をカクテルの見た目にも出し
スライス新生姜で愛らしさを出しました。
岩下の新生姜が、味の面では引き立て役になり、視覚的には主役になる、働きを見せてくれるカクテルです。
名前も、桜と言えば春、春なら入学!とダジャレに結びつけてみました。


でも、このカクテルも作ってから気付いたのです。

今回、私に岩下の新生姜と出会うきっかけを作ってくださったのは

12周年記念に岩下の新生姜演目を制作し、新生姜の妖精となった憧れの栗鳥巣さんです。

栗鳥巣さんはお酒を飲まれないのです…

きっかけをいただいた人に試して貰えないなんてダメだな、と思い

名前もしんしょうがくせいだしな、と思い

ノンアルコール版も作ってみました。


作り方は同じで、レシピは
薄くスライスし桜の花びらのように切り込みを入れた岩下の新生姜
岩下の新生姜の漬け液:モナンの桜シロップ
1:1
炭酸水適量
です。

こちらはモナンの桜シロップがどちらかというとチェリーの香りなので、フレーバー付きの炭酸飲料のような飲み口です。
ほんのり塩味で未成年者でも楽しめる甘いカクテルになりました。





私がてきとうに作るカクテルは、提供相手にいつも「殺される」と言われてしまうので
アルコール度数を抑えたり、いろんな割合を試してみたりしました。

好みはあると思いますが、岩下の新生姜カクテルに興味を持たれたかたにはぜひお試しいただきたいです!

非公式ですし味の保証はないですが><


久しぶりにお酒をいじくって楽しかったです。

あ、もちろん購入した岩下の新生姜はそのままでもいただきました(*^^*)

ひゅうがなつ。


最近、みかんやグレープフルーツ以外の柑橘に挑戦しているはちです。

先日ははっさくを食べました。

文章にしてしまうとなまけもの以外のなにものでもないように見えるかも知れませんが

皮を剥くのが苦手なのです。

給食に出たみかんは、いつも剥いてくれるKくんがいました。
(凄く上手で、みかんの皮の美しい花を咲かせてくれるのです。そして実を潰さない。Kくんは器用でした。)

そんなわけで、はっさくも実になったところからしか食べたことがなく

皮を剥くのに苦戦しました。

かたい。

かたい。

ちょ、かたいよ?

食べられまいとしてるのか!?

食べる前から、ううーもう食べたくないー、と嘆きました。

無事食べましたが!

美味しかったのです。すっぱくて。


今週は日向夏を手にしたのですが、

みなさん、日向夏の食べ方、知ってます?

私は知りませんでした。

パッケージに説明書きがありましたが

なんのこっちゃわからず。

普通にみかんのように剥いて食べました。

すると、皮の下の白い皮?が分厚いこと分厚いこと。

もしや・・・と思ってインターネットで調べてみたら

そう、この白い皮、日向夏は食べられるというのです。

他の柑橘のように渋みや苦みがないのだとか。

皮に残った白い部分を毟って食べてみましたが

美味しい!さっぱりさわやかな風味!ほんのり甘い気もする!

二個目はパッケージを熟読しウェブで見たやり方を参考に、黄色い皮だけ薄く剥いて、白いところは残してみる。
(これが案外面倒で、カクテル作る時の作業に似ていて(というか同じで)、久しぶりにやると手が上手に動かず・・・うう)

そしてそれを薄く切りました。

実がゼリーみたいでおいしそう。

もぐもぐ・・・食べてみましたが

結論からいいますと、私は実と皮、分けて食べるのが好きみたいです。

実のジューシーさが皮の食感で阻害され、皮のやさしい味が実に消され

別々に食べたほうが美味しいな、と思いました。

多分、食べ方に紹介されているので、多くの人は皮を取ってスライスな食べ方で美味しく召し上がれると思います。

(私、味や食感が何種類も口の中にあるのが苦手なのです。だから三角食べが苦手だし、カリカリしたものが溶けるチョコに入ってるとかも苦手です。)

今度食べる時は別々に食べる方法を考えようと思います。


ところで、日向夏って柚子が突然変異したものと考えられてるのですって。(うぃきぺでぃあさん談)

確かに香りは温州みかんより柚子だなー。

最近のみかんはとても甘くて、すっぱいのが好きな私には不向きなので

みかん以外の柑橘、これからも積極的に試してみようと思います。

おすすめがあったら教えてください♪

治療院のおかたづけ。





写真はまっさらになった治療院の中。


約一年三ヶ月お世話になったお部屋の片付けをしました。

短い間でしたが初めての経験が詰まった、思い返してみれば思い出深い場所です。

物件探しに始まり
(鍼灸の施術所として利用する旨を話すと多くの家主さんにはその時点で断られ、内覧することもできませんでした。また「鍼灸ってなに?え?マッサージもするの?風俗の待機所とかでの利用ですか?」と言われ鍼灸の知名度の低さも目の当たりにしました。最終的には鍼灸に理解のある不動産屋さんの仲介で理解ある家主さんのお部屋を借りられましたが、その前に仲介をお願いしようとした不動産屋さんのかたも「鍼灸…?」という場合もあって、その都度やや落ち込みました。)
保健所への確認、届け出、調査をし
(場所の最寄り駅は新宿でしたが住所は渋谷区代々木で、渋谷保健所の管轄でした。施術所の開設は色々と規定があるのですが渋谷区の保健所はとても臨機応変に対応してくださり、同じ建物内に他にも鍼灸院があることも手伝って比較的スムーズにいきました。)
ベッドや衛生用品、家財を買い揃え
家族に手伝って貰いながら搬入、
自分が患者さんに提供したいと思う空間ができてからも、だからといって勝手にお客さんがくるわけはなく(折角ご連絡いただいてもタイミングが合わなかったりすることもあった…)
でもできる勉強は重ね、お越しになるかた一人一人に真剣に向き合い…
最初からずっと精一杯にやりましたが、余裕がなかった気もするしもっとやれた気もします。

最後も家族をかりだして搬出し、一人でお掃除しましたが
空っぽになったお部屋を見てなんだかちょっと寂しくなりました。

よい場所だったと思います。

建物の造りからか新宿にあるけど敷地内に入ると落ち着き、木々のお陰か季節感もありました。

建物の上階からは明治神宮前が見え、そこからの気が来てるのか(オカルトちっくって笑ってください(笑))南側の窓からはパワーを貰っていて気持ちよかったです。

…同じフロアのお部屋が開けっぱなしで喫煙してると廊下が臭くてたまりませんでしたが( ´△`)


お越しくださったみなさん、ありがとうございました。
今後もよろしくお願いします。


次の場所もよいところがみつかりますようにっ