リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝

国立新美術館で開催されたリヒテンシュタイン展を見に行ってきました。

11月の時点で入場者10万人超えと聞いていたので

混雑してるのだろうなーと思ってはいたのですが

とばしとばし見ても3時間以上かかりました…;;


何か目的のものを見に行ったというわけではないのですが

あれだけの作品数が並んでいると、素人目に見ても

「この人テキトーに塗ってるなあ」とか「下手に見えるけどこれが芸術的なのかな?」とか

「これは凄く愛がこもってそうだなあ」とか「力の入った作品だなー」とか

色々思うのです。

音声ガイダンスを聴きながら見ました。

けれども…

小さい私は(小さいとは認めたくないが認めざるを得ない…!)

ガイダンスの番号が見えなかったり

あんないの資料の番号が見えなかったり

展示物の位置が高くて全体は見えなかったり

ちょっと不便を感じました。

音声ガイダンスは大地真央さんが案内人でしたが

声の切り替えができてないのに台詞となる場所の声を変えるせいで少し聴きづらく、うーんという具合でした。

日本の陶器?もあって

でもそれは金色の飾りが追加されたりしていて

陶器の絵は日本や中国的なのに

金色のところは天使とか

ちぐはぐで笑いました。

石で描かれたもののついた入れ物がとても綺麗だったのですが

キラキラしたガラスだか宝石だかがあしらわれていて

派手だなー、なくていいのに…私はこの人たちとは趣味あわないなーて

もよもよしたり。

気になった絵は湖みたいなところの絵。

ダニエル=スヘリンクス
浅瀬を渡る猟の一団のいる河岸の風景

これは日本の風景じゃないか!と思ったのです(違います)

富士五湖のとある部分に見えたのです。


みたことのある景色でした。

気に入ったもの、印象の強かったもの

フランチェスコ=アイエツ
復讐の誓い
どきどき(秘密の花園な雰囲気)
妄想にぐっとくる
色も美しい
どちらもいけます(意味深

フリードリヒ=フォン=アメリング
マリー=フランツィスカ=リヒテンシュタイン侯女2歳の肖像
おだやかな気持ち(愛らしい!)
ぺろぺろしたいね!
愛が光になったら人の目にこう映る気がする

クリストファーノ=アッローリ
ホロフェルネスの首を持つユディト
私の友人に似た女性が描かれていて驚く
(感情が溢れてるゆたかな絵)
背景の黒も単一でなくよい
こういう表情の女性はぞくりとする

アンソニー=ヴァン=ダイク
マリア=デ=タシスの肖像
布地の感じが綺麗
細やかで光も繊細
サテン生地感がたまらん

…素敵でした。

広間は祖父母宅の洋間風味、どこか懐かしさを感じ。

たくさんのものをいっぺんに見るのは体力がいることを理解したのでした。

たまにはこうして理由なく見るのもいいなー。

(帰路で、ルーベンスはあのフランダースの犬のネロが見たい見たいと思って天に召された例の画家ルーベンスだと知り、ほとんどの作品に対して「本人が描いたのか?下手だな!」と吹いてまわったことを少し反省と後悔し、「でもネロ、あの人の絵そんな価値あるん?死ぬことなかったん違う?」と唱えたのでした。フランダースの犬のストーリーがうろ覚えで、絵が見たくて自害したのだっけ、という記憶に塗り替えられていたのです><ルーベンスの絵、いいなと思うのもあったけどさ。ネロが見たがった作品ではないかもなので、もっといいものなのかもだけどさ。)



最近ポスターを見掛ける近代美術館の美術にぶるってのも気になってる。

画廊めぐったりもしたいなー。





因みに、いつも細かくさくひんめいや場面を書かない私が載せた(そうすることができた)理由は

思わずお土産にまとめ本みたいなのを買ったからです(笑)

折角なので、記憶の記録かねて作者と作品名を残しました。




●●だが●●だった
●●だけど●●だった
●●でも●●だった
の表現が多い文章になったなー
読みづらい。
ごかんべんを。
スポンサーサイト

きのこの愉しみと恐怖



また随分と日が経ってしまったけれど、感想を残そうと書くよ。


村田さんの作品を見に行ったのです。


好きな人のは展示とかしてたら見に行きたいとチェックしたりしているのですが

最近色々見逃すことが多く(高橋葉介さんのも最終日の夜気付いたのだよなあ)

なんだか駄目だなー。。





正直に言うと内容とかテーマとか熟知せずに行ったので

ギャラリーに入ったらきのこまみれでたじろぎました。

右手にきのこ。

左手にきのこ。

奥にきのこ。

あやしげ。

飯沢耕太郎さんと村田兼一さんお二人のきのこあるとこ。

(食べるの好きだけど、きのこの見た目ってちと怖いのですね)


村田さんの写真はやっぱりどれも好きで

でもなぜだが、きのこのせいか、

写る女性が陶器のように見えたのです。

質感というか、きのことの対比というか。

品のないことを言うとさ…

きのこが人に生えたりってあると思うの

菌だし、根付きそうだし

美少女の栄養をぐんぐん吸って美味しく育つ気がするの

(高値で売買されそうな生産方法)

ポケモンのパラス(いずれパラセクト)を思い出した。

人物が陶器ぽく感じたのは

違う命の器、許容し、分け与えてる

つやつや、みずみずしい、ただそこにある

そんなイメージからだと思う。。

色とりどりのきのこのある写真より

ぶなしめじ?みたいなのが顔を出してる写真が気になった。

恐らく色つきは

恐怖感が強くて見てることができなかったから。


飯沢さんのコラージュ(というのかな)は足の生えたきのこが印象的で、

ぱっとからかさお化けが浮かんだ。

直視できない。

色が不得意、怖い。




きのこを触って手がかぶれたことを思い出した。

葉っぱ触ってもかぶれるから毒うんぬんではないのだけど

たべものになってないきのこは苦手だと感じました。



おたおたしながらギャラリーを出たんだよ。




相変わらず支離滅裂な文章だなー。


記憶書き。



Bar ムっく

昨晩、人生で初めてのお店に遊びに行きました。

Bar ムっく
という、吉祥寺にあるお店です。

ホームページ
http://bar69.jp/index.php



友人のりおちゃんに

こんな所に遊びに行きたいの、連れてってー( ´人`)

と懇願し、

その業界に精通している(笑)友人がいる!

と、りおちゃんのお友達も巻き込んで遊びに行きました!

りおちゃんと、精通している(笑)みきみきさん、そしてみきみきさんのお友達のようちゃんさん

四人で、突撃。

実はりおちゃんとプライベートで会うのは初めてで、

しかもその上に初対面のお二人で

とても緊張しました。

でもみんなとても和む人で、あっという間に人見知り武装解除☆ミ

わいわい盛り上がりながらお店にうかがいました。

始めにお話ししてくれたのが、きょうこさん。

きょうこさんはみきみきさんのお友達でもあり

ほんわか優しい、自分より年上だけどお茶目で可愛い先輩のようなかたでした。

一緒にお歌も歌ってくれたよ。

とても話しやすくて(仕草か凄くかわいいの)

緊張はどこかへ行ってしまいました。

(最初から最後まで楽しめたのはきょうこさんが緊張を取ってくれたからだと思う。ありがとうございます!)

途中から一緒に話してくれたのは、長身ですっとしてて綺麗なLさん。

(お名前から、始めはデスノートの話に(笑))

思わず触りたくなるような脚…ふえ

これまた一緒に歌っていただき、私はとてもご機嫌。

(そんなこんなしてるあいだにりおちゃんとみきみきさんはラブラブでお邪魔できない♪な感じ(笑))

出してくださった、ふんわりした練り物のようなおかずは、Lさんが作ってくださったものだそうで

お豆腐でできてるから、いくら食べてもヘルシーなんだって。

おそろしく美味でした。

隣に来て話してくれたのは、小悪魔お姉様な雰囲気のひろみさん。

ツンツンな雰囲気で話しているけど終始気を遣ってくださり

初めてのお隣でも、リラックスできました。

そしてまた一緒に歌って貰ったの◎

(歌が歌えたのは救いで(音痴だけど)口下手な私には盛り上がれるいいきっかけでした。)

そしてそして…
お店もどんどん混んで…

入店当初に目を奪われていた、麗さんが来てくれました。

麗さんはママさんです。

正直に言うと凄く好みです。

ずっと見ていたい、私の好きなお顔立ちで、物腰のやわらかさもぐっときました。

勇気を出して自分からお隣に座りました…!

思わずほれぼれと見てしまい、見すぎ!ってつっこまれました(^ω^;)

他のお客様が歌っている時もお店全体がのりのりで、アットホーム。

本当に居心地良いっ

そして十年越しで憧れていた

only you

もやっていただきました!

感動(/▽\)

これが本物…夢にまで見た…ほえええ


楽しい時間はあっという間に終わり

(りおちゃんとみきみきさんは言うまでもなく超絶ラブラブ、ようちゃんさんは若干お疲れモード(笑))

後ろ髪引かれる思いでみなさんとお別れし、居酒屋さんに移動しました。

(ようちゃんさんが本当に太っ腹で感謝感謝です)


本当にとても楽しかったし、

癒されたし

できたら、一人でも遊びに行きたいくらいです。

(お一人のお客様もいたのは納得!)

楽しませてくれたキャストのみなさん、一緒に行ってくれたりおちゃん、みきみきさん、ようちゃんさんに心から感謝です。

私の願いがこんなに叶ったんだよ。

お店に行きたい!

キャストさんとデュエットしたい!

only you が聴きたい!

自分が治療でお役に立てたら、というかたと関わってみたい!

きゃー濃厚だよー。

2012年のある意味大躍進!


りおちゃんやみきみきさんとお話ししたことも、忘れない。

またみんなで会いたいし、お店にも行こうと思います!

みんなもムっくに遊びに行くといいと思うよ!

朝倉景龍展 キメリカルワールド!!反撃開始!!



もう、随分と時間が経ってしまったのですが…(毎度のこと。。)

朝倉景龍さんの展示を観に行きました。

画廊で絵を描いている、とのことでそれがとても気になって。

私には、

自分より大きいものを作る

ということが想像もできないことなのです。

建造物なんかは勿論

自分よりも大きな絵はとくに、絵を描くことができない私には、恐ろしいことなのです。

だからその過程の一瞬を見られるというのは

凄くわくわくなのでした。

朝倉景龍さんが描いてる姿は圧巻でした。

そこに物語があるからかも知れません。

(何かを作ってる人には物語や思考があって、発表していなくてもそういうものがあるのはわかっているのですが、知っているとしっくりくるのですよね。)

絵たちも、そのまま動き出すのではないかと思うくらいでした。

まさに息を吹き込むかのごとく。

描いている最中に、描き方というか、自分のやり方を話してくださったのですが

私自身が全く描かない人で、知識も絵描きさんの一般論もなくわからなくて

もっとわかれば、絵に対する見方とかもかわるのかなって

惜しいなって思いました。

朗読、というか

絵の背景を熱心に話されていて

それがとても楽しかったです。

何かが溢れている人を見るとやる気がわきます。

自分にとっても凄くよい影響。

朝倉景龍さんの絵は、また見たいです。

(ご本人も見るとエネルギーを貰えるので、また描いてるのを見られたらなって思います。)