FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徳重秀樹 骨花 -月下美人-

ちょっと前のことになってしまったのですが・・・

徳重秀樹さんというかたの個展を見に行きました。

徳重さんは動物の骨を使ってお花を作り、それを撮影しているかたです。

DSC_0325.jpg
(案内の葉書を撮影)

テレビ番組で徳重さんを知り、気になったので行きました。

秋葉原から近い、LOWER AKIHABARA.というギャラリーです。




写真の制作工程は番組で説明していたのでなんとなくわかっていましたが

いくつか気になることがあって

徳重さんご本人がご在廊だったら話してみたいと思っていました。

(番組で紹介されていた工程を要約すると、

ペット用の餌であるマウスの骨を使って花を作り、それを撮影、花はその季節の時に土に埋めて返す

という感じでした)


ギャラリーは一階と地下に分かれていて

一階に写真、地下に今回制作された月下美人の実物が展示されていました。

(ギャラリーの造りがとても面白くて、一階の真ん中に穴が開いたように地下へ行く階段があるのです。

穴は転落防止のため柵で囲われていましたが、とても不思議な空間でした。

二階?のような場所もあって、学校の体育館のような、部屋のふちを囲んだ一階が見える仕様)
(うまく説明できない…)




写真はテレビ画面を通して見るよりも美しくて

骨であることや写真のコントラストがはっきりしていることなど

私の好きな要素がたくさんあって

ファイリングされたこれまでの作品も全て見ました。


地下に置かれた実物の月下美人は

真っ暗な地下に懐中電灯を持って見に行くという演出?もあって

異世界のものを見ているような気持ちになりました。

そして、思っていたより白い。

本物の骨だからもっと乳白色というか象牙色というか

そんなイメージだったのです。

うーん、やっぱりご本人に話をききたい!




とくになにも確認せず来てしまっていたのですが

ラッキーなことに徳重さんはギャラリーにいらっしゃいました。



作品に対しての印象と徳重さんに対しての印象が全く違って

この人がこんな作品を作るんだ・・・と思ってしまいました(失礼。。




徳重さんはとても親切で、訊いたことをひとつひとつ答えてくださいました。


まず、写真のこと。

映画などでカメラ屋さんが黒い布を被って撮影しているようなカメラを使っていて
(大判カメラというやつ)

フィルムは4×5モノクロフィルムを使用

構図を決めたりピントを合わせたり、もちろん現像も全て自分一人でやっていて

どんなことでも一人でやらないと気がすまないそう。

ホームページもご自分でメモ帳にhtmlを書き作ってるそうです。


そして、被写体の骨花のこと。

私はこれがとても気になっていて、どこかもやもやした気持ちがありました。

骨、私の好きなものですが、テレビ番組で徳重さんの話していた

もう一度命を花咲かせて

という言葉がつっかかっていて

ペットのエサ用だとしても、既に死んでいて冷凍されているものだとしても

生き物だったものを見せ物というか作品にして自分の思ったこと(もう一度花咲かせるという感情)を満たして

(正直に言うと)エゴというか、傲慢じゃないかという感想を抱いていて

でも、ご本人の思いや作ってる工程とかを直接聞かずに嫌悪するのもいかがなものかと思い

実物を見たい興味も手伝って個展に来たのです。

(ホームページを見ても思いとかはわからなかったのです)

失礼かと思いつつきいたことも徳重さんは優しく応じてくださいました。


どうしてねずみの骨を使っているのか(遠まわしな質問でしたがこれを訊けば思いが聞けるかと思って)

使用しているマウスはペットの食用で、ペットの食用という点が人の社会の中にある自然、自分に近いものとして捉えて使っている

ねずみ以外の動物の骨は使わないのか

他の動物も考えてるが、作っている花は全て本物の花の実物大なので、難しいところがある。骨の形を削ったり変えたりすることなく作っているからマウスの骨がちょうどいい。

ねずみの骨が想像より白かったのだが漂白とかはしているのか

保存とかが必要であればそういう工程を取るかも知れないけど、作品を撮り終えた後に骨は埋めているから自然なまま。肉や内臓、脳みそを取る作業も全部一人でしていて、お肉はたまに食べるよ。鶏のような感じだよ。


・・・他にもたくさん話してくださいましたが

上記の話を聞いて、私の中では腑に落ちたというか、少なくとも嫌悪感はなくなって

素直に作品が好きだと思えるようになりました。

工程を普通に話してくださった徳重さんのことも(よく知ってるわけではないけど)好感を持ちました。
(だって、体裁とか世間の目とか気にしてる人だったら、ねずみを捌いてる話や食べてる話はしてくれないと思って。)

(「骨は家の庭に埋めてるよ」と言った徳重さんにギャラリーの女性が「えー」と言ったのです、そしたら徳重さんは「自然なものだしいいじゃん」と応じていて、じゃっかんひいてる人がいても変化しない姿勢がいいな、とも思いました。信念というか、かっこいいからとか珍しいからとか綺麗だからとかだけで作品を作ってるわけじゃないんだなって感じたのです。)

作品ファイルの中には、埋めている最中の写真もありました。







見に行ってから、言葉がまとまらなくて何度も書き直して

結局、収拾のつかないカオスは文章となりましたが

見に行けて本当によかったです。

徳重さんの作品はこれからも見たいです。


今までの作品などホームページに掲載されているので

是非お名前で検索してみてください。
スポンサーサイト

ARTISM MARKET 01 -アンダーグラウンド展示即売会-

ARTISM MARKETに行ってきました。


産業貿易センター浜松町館での開催だったのですが

浜松町って初めて行くなーわくわく

なんてしていて、駅に到着し

あれ?見た事のある景色…

と思って記憶を辿りました。

……!国家試験の合格発表後に免許登録に来た場所だ…!

どうしてこういうことって忘れちゃうのですかね(´・ω・`)


まあそんなことは置いておいて。




今回行ってみた理由は

富崎NORIさんがブースを出してることをTwitterで知ったからでした。

富崎は以前に渋谷で作品を見てから気になっていて

その時はとくに女の子が球体関節人形のように加工された写真が気になっていました。



会場に向かう途中

友人のまりーにそっくりな人が居て

思わず二度見(笑)

会場があるであろう方向から駅に向かって来るかたは

ゴシックロリータだったりパンクだったり何かのユニフォームを着ていたり

えっ、こんな感じのイベントなの?私場違い?

となっていました。

イベントを知ったのは富崎さんのTwitterだったので

富崎さんのブース見たい!という気持ちだけで向かっていて

具体的にどんなイベントなのか概要を知らなかったのです^^;

自分の身形に気を遣い、拘りを持っている人達の中にこの格好(しま●ら、人からのお下がり他)で行くのはいいのかと迷ったのですが

ここまで来たんだから!と勇気を出して会場に突入しました。



入場料500円で、各ブースのサークルカットが載ったパンフレットを貰いました。

中に入って更に圧倒されました。

会場からもう何時間も経ってるのに結構な混み具合…

あ!モイラさんの口枷してセーラー服着てる人がいる!

わ!あの人鎧みたい!

ぎゃ!血塗れの人がいる!

ん?なんだ、ただの亀甲縛りか
(…スルーした自分に思わず突っ込みそうになりました)


富崎さんのブースは結構奥だったので、すみから順に見て回ることに。

手作りのアクセサリーやお洋服、バンドの音源やイラスト、写真など

本当にいろんなものが扱われていました。

ここに来て、私は歯車とか好きなんだなーと気付きました。

機械仕掛けのもの、楽しい。

気になったサークルさんと見ていたらパンフレットをくれたサークルさんは

アカウントがあればTwitterでフォローしてみました。

一番気になったかた(歯車とかネジとかでできた動物がギコギコ動いてて、機械カエルの写真もあって気になった)はメールアドレスしか書いてなかったので

今後またどこかで会えたらいいなと思ってます。
(活動状況がわからなくて残念。)


富崎さんのブースに着くまでの間にかなり傷を負ったはち。
(結構ジャラジャラしてたりトゲトゲしてるかたが多くて、ちょっとぶつかっただけでもかなり痛かったです(笑))

そしてじゃっかんの人酔いでテンションのおかしなはち。

(この状態でお会いしとんでもないお願いをしてしまったのです)


富崎さんはブースにいらっしゃって、ちょうどメイクをしようとしてるところにお邪魔してしまいました。

普段はアイメイクとかしてるそうなのですが、その日はファンデーションを忘れてしまったそうでまだ素のお顔だったのです。

渋谷で見た時から気になっていた旨を話しました。

富崎さんはとても優しくて、キョドって話す私にも笑顔で対応してくださりました。

可愛い女の子とその情景がちぐはぐ?で素敵だなーと思った絵のポストカードを購入。
(確か前に渋谷で見た時も迷って、いつもの決断力のなさ通りその場ですぐ買えなかったのです…)

さ、さ、さ、さいんしてくだはい!

とお願いすると、富崎さんは快く応じてくださりました。

わーいわーい!

「いつも●●さんへ、と書くのですが、お名前は?」

「あ、あの、じゃあ、ふあでお願いします。ふ、あ、です」
(※ふあははちがはちよりも長く名乗っている名前です)

「わかりました。あと、オプションというか、さん、とつける以外に姫とつけるのもあるのですが、どうですか」

「え!え!いや、あのー、姫なんて、姫はちょっと…えー、寧ろあの、さんもなく、呼び捨てがいいというか」

初対面の人に何言ってるんだー!と頭の中で頭を殴っていたら

「わかりました^^」

と富崎さんはひきもせず超紳士に応えてくださり

書いていただきました!




きゃー、きゅん死!マンモスうれぴー。

本当に来てよかった。

会えてよかった…!

購入後、富崎さんの作品ファイルを拝見し

ご自宅の場所が私もご縁のある地域で

なんというか、憧れの人との共通点を密かに見つけた中学生の女の子みたいな気持ちになりました////





また是非、富崎さんの作品もみたいし

ARTISM MARKETも面白い即売会だったので、次も見に行きたいです。

口枷屋モイラ・村田タマ二人展 「少女ロイド-Girl's Fiction-」



神保町画廊さんで行われている

モイラさん、タマさんの二人展を見ました。

少女ロイドという言葉が可愛い。



お二人の合作の写真と、それぞれの写真と、箱やガラス容器(理科の授業で使うやつ)に入った写真との立体作品と、

グッズやロムの販売品とありました。



お二人の合作は、双子のような雰囲気で

押入に収まって写ってるのが可愛いなーと思いました。

なんというか、誰かに所有される玩具どうしみたいな感じ。

お人形というよりも、いつも連れて歩くぬいぐるみたち、という印象です。

そう思ったのは多分、愛らしさゆえにです。


モイラさんの作品は、足に連続して掛かった下着が印象的で、

始め、片足だけに掛けてるのを見た時はパンツだと気付かず

何という名称か知らないけど、女の子がお洒落で付けるあの足のシュシュみたいなやつかと思いました。

他の写真を見てパンツだと気付き

TSミュージックに行った時に、ある踊り子さんがパンツをシュシュみたいに腕につけてるのを思い出しました。

(そして道端に落ちてるシュシュを見て、パンツかとドキリとしたことを思い出した。シュシュって女の子のパンツみたい。)


タマさんの作品はカラフルな男性器のモチーフのようなものに囲まれた写真が印象的でした。

いやらしさは全くなくて、オスのマーク(♂)がわんさかに見えて、

それがきょとんって顔の可愛いタマさんと対照的でおもしろいなーと思いました。


立体作品はどれも素敵で、写真の世界観が箱の中で表されていて

とくに、透明な液の中に収められたやつがいいな、と思いました。

折り鶴が半分浸かってるやつが現実とあちらの境目みたいでよかったです。

写真をこうして作品にすることもできるんだと学びました。

(額の中に入った三つ編みの髪の毛も気になった…)


タマさんのロムを購入しようかと思ったのですが、そこでお財布その他諸々(治療院の印鑑とか領収書とか、その日使う予定のもの)が入った鞄ごと家に忘れてきたことに気付きorz断念。

(なんでそんな大事な鞄を忘れて出掛けてしまうのか…!)

次回に持ち越しです。



ギャラリーでその日上京されたばかりのタマさんにお会いできました。

タマさんにお会いするのは初めてだったのでとても嬉しかったです。

どんなかたなのかな、とずっと思っていましたが

写真からそのまま出てきたような可愛らしいかたで

ギャラリーに戻って来られたところ早々にお話ししてくださったのにたじたじになりました。

これからも気になるお方です。





少女ロイドは神保町画廊さんで28日まで開催のようです。

お二人がご在廊の日もあるようです!

興味のあるかたは是非*

写真はいただいた案内カードです。

「Tokyo Rainbow Week 2013」って何? ~LGBTが自分らしく過ごす街シブヤへ~

つきつきに教えて貰って、シブヤ大学というところの講演に行ってみました。

はじめは行くか行かないかとても迷いました。

講演とかトークショーってちょっと苦手で

(相手は私に話してるわけではないし、じっと何時間も同じ姿勢でいるのが不得意だし)

それに内容としても複雑な気持ちがあって。

複雑な理由を言うと長くなってしまうのですが

簡単に言うと、
マジョリティの人達にマイノリティの人を理解して欲しい、受け入れて欲しい
というのは私の思ってることとちょっと違いがあって。

結局シブヤ大学というものに興味もあって行ってきました。

働いてるのも一応渋谷区だしね、ご縁あるのかな、と。



ざっくり感想を言うと、

ふむ、って感じです。

知識的な意味では新しくもたらされたものはなくて
(それ目的ではないからいいのだけど)

情報としては
渋谷のこととか
タイトルの通り「Tokyo Rainbow Week 2013」ってこんなことやりますってこととか
こんな団体があってこんな活動してますとか
新しい話で

気持ちとしては、どこ向いていいのかわからなかったです。

文野さんというかたの話は面白かったし
(こういう場で話し慣れてるなー、意味はなく(話の内容にではなくて理由がなく話しとして)楽しいなー、などの感想)

私は自分もパンセクだから普通に驚きとか戸惑いはなかったけれども

この講演て誰に聴いて欲しいものなんだろ、と思いました。

それで気持ちがどこ向いていいのかわからなかったのです、多分。


当事者で苦悩してる人向けではないし

LGBTなんて知りもしない人向けではないし
(会場にきてる人ということはそうだろうし)

んー、「私、そういうの気にしないよ!でもそれって具体的になに?同性愛とFtM、MtFが同性(異姓)を好きなのって違うの?」て人向けだったのかな…?

むむ、よくわからない。



講演のなかで

ジェンダーマイノリティを理解してる人、そういう人の味方の人、というのが出てきてて
(団体によって呼び方が違うらしい)

私はそうだよ、味方だよ、みたいな態度を出していって欲しいと話があったけど

まあ、その意識も区別だろうし

なんとも言えない。


多分それって、私が元から気にしてないせいなのでしょうねー。

自分にとってふつうなことだから言ってることがわからん、というやつ
(社会に向けて発してる言葉はわかる、頭ではわかってますよ、もっと深い共感のようなものにはならないというか)


せっかく過去に悩んで今しあわせですという人が話してるのだから

苦悩のことや本人の気持ちの面でのことをもっと聴きたかったかな。

あとはちょろっと出てきた経済的なこととか。

議題じゃないからしかたないか。


書けば書くほどわからなくなってしまう(苦笑

あ、あとはLGBTて言葉があんまり好きじゃないかも。





誤解を招く気がするから書くけれども

講演自体の感想で、本人や団体のことを批判したいわけではないよ。





この講演を聴いても聴かなくても私のスタンス?は変わらないし

役に立てるかはわからないけど
ジェンダーのことで苦悩したりつらい思いをしてる人がいるなら話を聴いてあげられたらと思ってます。

いや、ジェンダーのことだけに限らず。

私もいろんな人に支えられて助けて貰って生きてきてるから

少しだけでも私にしてくれる人のように自分も人にできたらと思ってます。



ほよ、まとまりなくなったから終わり!





「Tokyo Rainbow Week 2013」はゴールデンウィークにやるそうですよ。

気になるかたは検索してください。

縛・万華鏡 Ⅲ に参加するかもです

先日のコスギャラリーでお会いしたかたが主催の

縛・万華鏡 Ⅲ

というイベントに参加するかもです…!

縛・万華鏡ホームページ
http://kmc.eco.to/baku/


イベントは緊縛やSMのフェチ系同人即売会で、サークルがお店として並んでいるだけでなく緊縛師さんがパフォーマンスをしたりもするようです!



詳細


開催は5月25日(土) と5月26日(日)の 二日間。

一般入場は11時開始の予定だそうです。

即売会とパフォーマンスで時間がちょっと違って、

即売会は両日16時に終了予定(延長もありうるらしい)

パフォーマンスは
5月25日が13時~19時予定
5月26日が12時~18時予定
だそうです。

会場はフェチフェスもされた
初台玉井病院スタジオ。
(京王新線初台駅 中央改札を出て北口すぐ)

参加費
一般参加 男性 2500円
女性 500円
(チラシ持参で、500円引き)

(詳細は公式から)


私が参加する可能性があるのは26日です。

サークルは『はちんこすろっと』です。
(いつも通りです)

何故、はっきり“参加”と言わないかと言いますと…

実は前日にかわいいかわいい妹の学校行事がありまして

雨天時は26日に延期となっているのです…

なのでもし25日が雨になったら参加できません……!!
(´;ω;`)


主催のかたとコスギャラリーでお会いした時点から参加する気満々だったのですが

そんな事情がありまして、二日間のうち一日だけ、しかも行事の延期がなかったら、という微妙な参加表明なのです。

(主催のかたが相談に応じてくださって、本当に感謝です。)


ちょっと微妙な状態ではあるのですが、はりきって新作も作っております。

今回は友人のあっきぃさん産アクセサリーとコラボレーションしようとしてます!
(詳細は後日書こうかと…思ってます´`)


参加するか否かは前日にこのブログ、そしてTwitterでお知らせすることとなりますが

イベント自体もわくわくなものなので是非ともお越しいただきたいです!

緊縛師さんのパフォーマンスが見られますよ!!

(そしてもしかすると、はちが参加になったらステージにちょびっと立たせていただくかもです。(主催のかたにめっちゃわがまま言ってます…))


すてきなフェチイベントになると思います。

よろしくお願いします*

そして、25日が晴れるよう一緒に祈ってください…。


リフレクション 写真展


新宿御苑近くの

Place M+M2 gallery

というギャラリーで行われている

『リフレクション 写真展』

を見に行ってまいりました。

公式ホームページ
http://reflection.mmproj.com/


私の写真の師である、小平雅尋先生が新作を展示してるとのことで。

わくわく。



ギャラリーは二階と三階に分かれていて、

小平先生の作品はどこだろー

と思いつつ、二階から見ました。

私はあまり風景を撮らないので

全体、作品の並びを見ての感想なのですが

民家の写真が並んでいるのが印象的でした。

同じ日本だし人の生活してるところなのに私の印象というか記憶にはない景色だったのです。
(同じものをみたことがない、とかではなく、気配というか印象として同じものを経験したことがないというか。)

車の写った写真があったのでナンバーを見たら青森、

常々言ってますが私は長野より北に行ったことがないので

そこから先の地の生活感というか空気というか

多分まだ自分にとって未知なものであることを

印象として受けたのかな、と思いました。


小平先生の作品は三階にありました。

けっこう人がいたのでおろおろしましたが、

空間に入るととても居心地良いことに気付きました。

(小平先生の写真だけが並んだ部屋は前にも心地よさを感じていて、そして今回他のかたの写真も並んでいましたが、直感的にというか体感的にそのかたたちの写真も私は好きなんだろうな、と思いました。)

その場でなぜか取ったメモにこう書いてあります。

「入って手前、正面から右手の写真たちが黒、奥、左手の写真たちが白のよう。」

小平先生の写真に関してです。

見ていただければわかると思いますが、第一印象がそう与えられた配置でした。
(これについては小平先生にもお話しいただけて、意図してそうしたものだそうです。)

私のイメージにある小平先生の写真は黒のほうなのです。

黒に白がのった写真。

光があるから影ができる、ではなくて、暗闇に光がある、黒に白がのる。
(私のイメージであって、とても抽象的な言葉になってしまってますが。)

だからなんとなく、新しいタイプの小平先生の写真だなと思いました。

正確に言うと、今まで撮られていたものではあるのだから、最近表に出したのだな、というか。

どちらも好きです。

ただ、これも、私のイメージには薄い草木の(木の幹とか、もっさり生えた草とか)写真は

慣れなくて、不思議な感じでした。

先生の写真、雷のが印象強くて、空とか岩とかのイメージなんです。

草木、動物とかの生き物よりも。



最近の自分の写真についての話とかを先生にして

助言やヒントをいただけて

「!」となるものがたくさんありました。

やっぱり先生は凄いです。
(本人の前ではへらへらしちゃって言えないですが)

三階奥に展示されたカラーの写真を撮った船木さんというかたとも少し話しました。

なんだか素敵な日だったなー。




とりあえず目先、小平先生がおっしゃったセルフポートレイトをやってみようかと思ったり。

(そして治療院のホームページに写真をあげようと思ったり><)



『リフレクション 写真展』は4月21日までだそうです。

是非見に行ってみてください。

(私が撮りたい写真はこういうのでもありますー)

伴田良輔 VERY CLOSE TO YOU


神保町画廊に伴田良輔さんの写真を見に行きました。

伴田さんの作品は初めて拝見するのでドキドキ。

この展示を知り興味を持ったのは、

モイラさんがモデルになっているということを神保町画廊のTwitterで見たからです。


うかがって初めて、伴田さんが写真以外にも色々なさっていることを知りました。

ギャラリーのおねえさんが説明してくれたり、執筆された本や写真集などたくさん見せてくださいましたが

ただただ圧倒されてしまいました。

エネルギッシュであることに。

あっちにもこっちにも興味が散乱して

本当はどの本か購入したかったのですが、定まりませんでした。
(次回に延期。。)


見に行った(興味のもととなったもの?)モイラさんモデルの写真は

美しい曲線に目を奪われてしまいました。

お尻と、少し腰部の写った写真が素敵だなーと思いました。


他の作品で凄くいいと思ったのは

ポラロイドの写真が箱?枠?に入ってるものです。

私、多分、おさまってるものが好きなんです。

伴田さんのお話しによるともうそのポラロイドフィルムが販売されてないそうで

それを聞くとこれ限りなのか…と残念になりました。

もっと色んな種類のその形が見たいと思いました。


オリジナルの技法で制作されている版画も魅力的でした。

ただ、お尻やおっぱいの写真を見た後だと、

お尻とかの写真は柔らか、まるい日差し、という印象だったのに対し

危うさのある、切れそうに張ってるテグスのような、そんな印象を受けました。

(ぼんやりとした輪郭の写真?ネガみたいな色合いのものも、そんな印象を持ちました。もう少し静かでおとなしい感じ)

机に置かれたトランプも面白いと思いましたし、ファイルされた作品もどれも気になるものばかりでした。


伴田さんご自身とも少しお話しできて

作品についても伴田さんについても
ますます興味が湧きました。

嬉しい出会いです。


今度は出版物を手に取り、ゆっくり見たいです。

これからも新しい作品を拝見したいです。

コスギャラリー!6に参加しました・ω・

日記を書こう書こうと思いながら

あっという間に日が経ってしまいました><


3月24日に開催されたコスギャラリー!6にサークル参加しました。

さくさく決めて参加した、フットワーク軽くいけたパターンです!





会場にはおおぜいのレイヤーさんがいて

撮影のコーナーがあってカメラマンさんと撮影してたり

はじめての空間だったので圧倒されました。

はちはハリドルの格好をして売り子さんをしました。



(きょんさんが撮ってくれましたー。Twitterのアイコンにしたよ。)

お手伝いにこずたんが来てくれてとても嬉しかったです(*´ー`*)

途中、スペースで簡易治療したりしました(笑)


新作は『またガール』です!

matagirl.jpg



写真ROMですー。

142枚入りですよん。

これからも既刊として出すと思うのでよろしくお願いします!



入場のかたに渡されていた500円券の案がとてもいいなーと思いました。

撮影目的のかたもスペースを見てくれたりしますし

なんとなく子どもの時の地域の会みたいに

券ってわくわくしちゃうのです(笑)

ご購入くださったかたに券を渡された時も、

なんだかごっこ遊びをしてるみたいで楽しかったです。



主催の雷蔵さんが挨拶にまわってきてくださったのですが

ほんわりした雰囲気で仕草が可愛くてとても癒されました・∀・

とにかく可愛かったです!!



他にイベントを主催されてるかたにも出会えたり

ご購入くださったかたからご意見いただけたり

凄く有意義な参加になりました!

レイヤーさんの友人がいたわけではないのでドキドキしてましたが

みなさんフレンドリーでよかったです◎



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。