FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『エヴァンゲリオンと日本刀展』&『海洋堂エヴァンゲリオンフィギュアワールド』

上野の森美術館で開催されていた『エヴァンゲリオンと日本刀展』を見てきました。

同時開催だった『海洋堂エヴァンゲリオンフィギュアワールド』も見ました。


館内は一部のスペース(エヴァの原画などを置いていたところ)を除いて撮影自由だったので携帯電話のカメラで写真を撮ってきました。

編集のしかたがわからなくて全部縦の写真ですが、撮った写真の一部も載せます。

入ってすぐ出迎えてくれた初号機





展示は、日本刀の作り方や部位の名前などの解説から始まり、そのコーナーの後に作業工程など映像での紹介がありました。

私が知識のない人間だからかも知れませんが、刀からきている言葉ってたくさんあるんだなーと感心しました。
(その言葉を知っていても日本刀由来とは気付いていないものです。付け焼刃とか、相槌を打つとか、鍔迫り合いとか)

そしてまあなんと手間のかかること。

導入でそれを知ることで、後に見る刀たちがより美しく見えます。


説明の後は実際に刀を持ってみるコーナーがあって(箱に入っているものを持ち上げるだけですが)やってみましたが

・・・重い!想像以上に!

それに加えて、やっぱり私は鉄と合わないことを認識しました。

言ってる意味がわからないかも知れないのですが、手の感触というか、素材との相性ってあると思うのです。

うーん、もし日本刀を使う時代に生まれていても、私は鍼師だったかも(笑


次から実物のコーナー、これまで賞を取ったりされた刀の作品などが並びます。

どんなタイプの刀なのか(いつの時代に流行った?作られていたタイプのものかなど)細かく説明も書かれていました。


続いてエヴァンゲリオンについて解説があり(どんなアニメか、など。まあ、館内に居る人はみんな知ってそうな感じでしたが)

その後に日本刀作家さんが今回の展示の為に作られた作品が並んでいました。

キャラクターをイメージした刀やアニメで出てきた武器を実物に作られたものなど、見応え抜群。

これってエヴァの制作側が作家さんに持ちかけた企画なのかなー?凄いよ、凄い。


展示にあたってのものなのか、和服を着たキャラクター達の画があって、その持つ刀の実物がありました。
(画が先行なのか刀に合わせた画なのかはわからず。。)

(このキャラクターの和服の画、公式サイトなどにも載っていたのですがあることが話題になっていたそうで。なんと、主人公のシンジくんがいないというのです。美術館に行く前にホームページを確認し、思わず笑いました。いませんでした、シンジくん。)

はー、このキャラはこんなイメージなのかー、などほよほよしながら

美しさに見惚れました。(刀の作り方解説を見ているから尚更。)

キャラクター刀の中でとくに気に入ったのがアスカのもの。

画はこれ


刀と鞘



ちょっとよく見えないと思うのですが、刀のところにアスカが彫られて?いるのです。

こまかい!すごい!

鞘もなんだかイメージに合います。


実物の武器で度肝を抜かれたのはロンギヌスの槍。

これ



エヴァを人の大きさとした時のイメージ実物大だそうです。

制作工程の映像も流れていて、温めながらねじねじしてるのね。

とても力の要る技だなーと思いました。


全ての展示とショップを見てから『海洋堂エヴァンゲリオンフィギュアワールド』へ。

チョコエッグの中身で有名な海洋堂さんが、エヴァンゲリオンの映画のワンシーンをフィギュア、ジオラマにした展示です。

アクリル板を使って立体感を出していたり、ライティングが工夫されていたり、本当に凝った作品でした。

私がとくに気に入ったのはこれです。

わーい、骨がいっぱい



凄く残念なのですが、日本刀展でかなりの体力を使い、フィギュアはこれしか撮影しませんでした。

エヴァのフィギュアは違和感を感じませんでしたが、人間のキャラクターに関しては「関節へんじゃない?」「腕のポジションへんじゃない?」と思うところが多々ありました。
動かせるように作るとそのへんが大変なのかなあ。それともアニメ画に合わせてだから実際の人の形と比べたら野暮なのかなあ。なんて。(野暮でも、立体化される時は考慮されて欲しい点なのだ)
それから、制作者さんによっては遠近感がへんというか、箱の中に描かれる世界の物の大小に違和感を感じるというか。見てる方向も関係あるのかな・・・?


そんな感じで、どちらの展示も全体的にとてもよかったです。


ただ、折角展示されてるものが凄くいいのに、残念だなーと感じたことを書きます。

・解説などの展示位置が高い
男性のお客さんもうんと見上げてるほどで、背の低い私には字が読めないところもあった。作家さんの経歴などの説明も見づらくて、結局よく読めなかった。

・日本刀の展示照明
透明の箱に入っての展示でしたが、ライティングが悪く刀に反射して見づらい。箱に光が反射するせいで、撮影したいほとんどの人がある場所でかたまって撮影、そのため列が進まない。箱の中に制作者のコメントが書かれた解説などがあったが、これも光の反射でよく見えない。

・レジメの内容がいまいち
購入するつもりでいたが中身を少し見てやめた。確かに多くがエヴァファンだろうしそれが中心の展示だったのかも知れないが、まとめみたいな感じで刀のことについてももう少し載ってればよかったのにと思う。

・フィギュア展での案内
「混みあっているので順路は気にせず見てください」と係りの人が出入口でしきりに言っていた。順路自由は構わないが、各順路を逆行する人が多数いてさらに混む。展示順路が自由であることを言うなら、もう少し勘違いする人の減る案内をして欲しかった。。



どちらからの提案かはわかりませんが、また機会があったら職人さんとなにかのコラボはして欲しいと思います!

スポンサーサイト

『クリスマスに写真を贈る Gift for X'mas 2013』 72 Gallery


神保町画廊でお会いし知り合った鈴木光雄さんが展示されていたGift for X'mas 2013を見に行きました。


いただいたDM



クリスマスに写真を贈るというテーマでたくさんの作家さんが作品を出されていました。

判別できなかったのですが、本当に全部写真だったのかなー、絵に見えたものもありました。


鈴木さんの作品は四つのバラが被写体のモノクロ写真で

バラの質感が食べられそうな感じでした。

花びらが、バタークリームで作られたケーキにのってるバラみたいな感じ。

つややかで美味しそう。

背景から離れて、でもぺったりした具合に見えたのがそう思わせたのかも知れません。


他の作品で、気に入った、気になった作家さんをメモしておこうと思います。

伊藤之一さん、地層みたいな写真、何層にもなっててグラデーションではないのに一層一層が馴染んで調和してるみたい。

神島美明さん、オーロラの絵のような作品、星がインクを散らしたみたい、闇の中にぺかっと存在する。

松永佳子さん、黒にバラが浮いたような作品、絵?黒い紙に描いたみたいにぽっかりあって不思議な感じ。

むらいさちさん、虹と魚の写真、淡くてふんわりした雰囲気、ぼんやり夢心地感。


たくさんのかたの作品が見られてよかったです。

(気になった作家さんは「私がクリスマスに贈られたら嬉しいと思うだろうなー」を基準にしてみました。)

今後また鈴木さんの作品も拝見したいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。