FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手塚治虫の美女画展

吉祥寺にあるGALLERY KAI(ギャラリー会・吉祥寺)さんというギャラリーで行われた展示を見てきました。

手塚治虫の美女画展という展示です。

KAIさん外観
moblog_7c01f191.jpg


手塚治虫さんとは私の大好きなブラックジャック先生を描かれた漫画家さんです。

他にも有名作品はいっぱいありますね。

手塚治虫さんの名前を知らない日本人はいないのではないでしょうか。


漫画界アニメ界におおきな功績を残したらしい手塚治虫さんの(その辺りが疎くわからない、ので偉大さをわかっていない気がします。ただ面白い漫画を描くすごいひとだなーくらいで、描かれえる人物が魅力的だからきっと手塚治虫さんご自身も魅力ある方なのだろうな、くらい)

美女画を展示しているというのです。

大事なのでもう一回書きます。

美女です。美女。美女画の展示!(一回どころでなく書いちゃった

ご存知のかたもいらっしゃるかも知れませんが、

私が好きになる女の子は手塚治虫さんの漫画に出てくるような感じなんです。

見た目が。(自覚はなかったけど、ある時友人に指摘されたのですよ「ふあちゃんが好きになる女の子ってみんな手塚治虫のキャラクターみたい」って

だからそりゃもう行くしかないな、と

女の子がずいぶんご無沙汰な私は二次元でその空虚を埋めようと心躍らせながらギャラリーに向かったのでした。


展示作品の漫画はどれ一つとして読んだことがなく、事前学習すべきだったと後悔しました。

なのでただただ一枚一枚の作品を楽しむことにしました。

気に入ったのは、人間昆虫記の蜘蛛の巣のような絵のやつと、英語のタイトルのやつです。

英語のタイトルのやつは、風景も女の人みたいな感じで、ああ世界は女の人でできているのだなあと(なんのこっちゃ

とろけた状態にさせられたのでした。



生原稿は3点のみでしたが見応えある展示でした。

展示作品ももちろんなのですが、自由帳のようなノート(来訪者のコメント書きみたいな)もなかなか面白かったです。

手塚治虫さん愛が溢れていたり、有名な漫画家さんの足跡があったり。

多分、見に来てる人みんなそれなりに手塚治虫さんが好きだから、それが会場にあるんです。

ほんわりスキーイイナーみたいなのが。

その空気もよかったです。


KAIさんには初めてうかがいましたが凄く雰囲気のあるギャラリーで、またなにかの展示を見に来たいなと思いました。
(お隣にお料理屋さんがあって、いつかあんな場所に入れるおとなになりたいと思った。)

外観も建物(蔵?)の中もすてきんぐ。


さて、ところでお目当ての女の子(?)ですが

今回展示されていた作品にはありませんでした。

案内の通り、エロスで妖艶なヴィーナスたちの絵で

それを見て、私が好きになる女の子のタイプは

手塚治虫さんの漫画に出てくる女の子のような人

だと気付きました。

美女(大人の女性?)ではないようです。


しかしよかったですよ、そうまさにヴィーナス。

お近づきになりたいとはとても思えない、美しい高嶺の花のような

幻想的なものを備えた美女が、展示場には居ました。

見にいけてよかったです。


いただいた奇子のしおりとDM。
moblog_11ca0dce.jpg

しおり欲しかったのでうれしーい!
スポンサーサイト

多摩市民文化祭@パルテノン多摩(篭橋 月さんの作品を見に

篭橋 月さんの作品を見に、多摩センターにあるパルテノン多摩へ行ってきたよ。

(映画DMCの決戦の地、松山さん演じるクラウザーさまが走り抜けたのはまがいもなくこのパルテノン大通り。ほかにも映画やドラマ、マンガ、CM、カラオケのバッグ映像でも度々登場するこの付近だよ。)

篭橋さんから案内を頂戴していたので、そこに私の苦手なタイプの絵かもとあり、

正直に言うとちょっとどうしようか迷った。

篭橋さんの絵は、浄化しそうなものとかがけっこう好きで

なんとうか、怖い系(お化けとかそういうのではなく、生き物がなまなましく描かれている)は

前に個展をされた時に得意ではないという話しをしていて。

そうはいっても私は篭橋 月ファンなので(篭橋さんとしてはいつからだかわからないけれど、昔から篭橋さんの絵が好きなんです。ポストカードいただいてうかれたあの日が懐かしい。)

意を決して見ました。

た、たしかに、苦手なほうの絵だぞ。。

しかし幼馴染を連れていったせいか、前ほどたじろがなかった。

と、いうか、その連れて行った幼馴染に見てもらえてよかったと思った。

この絵は今の幼馴染に必要な絵だ。

語彙の少ない幼馴染が、絵を前に「すごい」って何度も言ってたから

本当によjかったと思います。

絵のタイトルは
「森羅万象の仔」

まあ、私には森羅万象を言葉で説明することもできないのだけど。

この絵は、どこからか続いてきて、気持ちの(または生活の)不安に刺さって、そのまままた進んでいった。どこかへ続いていった。

しり込みしたまま見ない結果にならなくてよかったよ。



それから今回は市民のかたの合同展示だったので、他の作品も見た。

横倉勝子さんというかたの、2014というタイトルの絵が私は気になったかな。

(そういえば、幼馴染が気に入る絵もモノクロばかりで、やっぱりこいつとは似た者どうしか・・・と思いました。



篭橋さんの次の個展、楽しみだなあ

ご丁寧にお礼状くださったのだけど、本当にお礼を言いたいのは私なのです。
すてきな絵を見せていただいてありがとうございました。

女の子フェス~おんなのこってなんだろう?~ 出ましたー!

先月末に北千住のCoffee And Talesというギャラリーカフェで行われた、女の子フェスに参加してきました。

初開催のイベントとのことで、私がいつもの感じで行くと完全に場違いになるので

「おんなのこ、オンナノコ・・・」

と言い聞かせながら展示作品を作りました。

女の子といえばデコレーションだよね!という安易な考えで

写真フレームを、テーマに合わせてデコレーションしてみました。

B045L-BCMAA7MKC.jpeg
展示していたのを、お店のスタッフでありフェイクスイーツを展示されていたかさんが撮影してくださいました^^

お店は二階建てで、一階で展示やフード、二階でステージパフォーマンスが行われました。

展示されていたクリエイターさんたちは作品も本人も「女の子だなあ」と感じるかたがたで、キュートで眩しい。

(あれ?やっぱり私場違いだぞ)って緊張の嵐でした。

いらしていたお客様も、女性は「女の子」感が溢れているかたばかりで、

男性もどことなくフェミニンな、物腰柔らかなかたばかりで

出展者のかたともお客様とも交流できてとても楽しいイベントでした。

アットホームな感じ。

そしてシェフのひろしさんが作ってくださったお料理がとても美味しかったです。

ミートソースパスタが最高でした。

レシピをききたかった。

本当はパフォーマンスも全部見たかったのですが、満員電車とか人の密度の高い場所が苦手で

ぎゅうぎゅうの二階に行くことができませんでした・・・残念。

亀山睦実さんの映画に開催前から興味があったのでそれも心残り。

一階もあまり移動できないくらい満員だったので、出展者のかたたちみなさまとお写真を撮らせていただくことは叶いませんでした。

そんな中で撮ったものだよ。


アイドル的な歌手さんで絵も描かれていたり多彩に活躍されている美羽さん
DSC_0705.jpg

かわいくていいにおいで、思わずハアハアしましたね、ええ。


お越しくださったお客様と集合(私またダブルピースしてる。。
DSC_0703.jpg


お店の看板前で、オーナーの永峰さんと店長の石田さんと、「女の子♪」なポーズで
B045K3eCUAEZTUy.jpeg



そしてこれは差し入れにいただいたハロウィン仕様のかわいいお菓子!
DSC_0709.jpg

こんな洋風テイストだけど中身は甘納豆だったのですよー。


とっても楽しく参加させていただいたイベントでした!

お客様としてお越しいただいたみなさま、出展者のみなさま、スタッフのみなさま

本当にありがとうございました^^*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。