FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下田ひかり個展「やがてゼロに至る黙示録」

先日うかがいましたアートコンプレックスセンター。

地下で大規模に展示をされていた下田ひかりさんの作品も拝見しました。



(なぜか画像が横にならない


下田さんの絵は初めて拝見しました。

会場に入って左側から回ったのですが、

一枚見ただけで心がひりつきました。

優しい、ふんわりした色の絵なのに

絵の中の子は傷ついている(負の感情があるように見える)

どうも最近子どもと関わる機会が増えたせいなのか

歳をとったせいなのか

二次元だろうと三次元だろうと、子どもが傷ついたり酷いめにあっている描写に胸が痛むのです。

正直に言えば見るのがつらい絵だなーと思いました。

それ以降に拝見した作品もポップな色使いであったりアニメちっくなかわいい絵柄であっても

う、というのが拭えない。

作家さん紹介の記事を読んで、「意図されたもの」と知っても(私がこう受け取ることが正しいかはわからないが)

不快感がある。

かわいい絵だからよけにそう思うのかな。

絵のなかであっても、架空の人物のでも、その作品を表現するために生まれた子でも

傷ついた描写はいやだ。

どうしてかなあ。

(二次元を児童ポルノとして規制しようとするひとの思考のようになってしまってるのかと不安に思ったが、そうではない。)

本の絵を描かれていたりいろいろなご活躍をされているかたのようですが

あまり手元に置いてはおきたくない作品だと思いました。

ほんとうになんでだろ。子どもの私が傷ついてるのだよね、心の中で。

コラージュだったり、他の作家さんとのコラボ?だったりもあって、展示としてはとても見応えがありました。

(もしかすると会場の音楽が嫌な気持ちを助長していたのかも)

コラボのなかで、震災後の家を撮った写真はとくに印象に残っています。(写真のほかにも今後作品を見てみたいと思う作家さんもいました。)


武井さんの作品を見てクリアな気持ちを得たばかりのタイミングでもあったので、ちょっぴりきつかったです。

素直にうけてしまったのだろうか。

今度は、比較的フラットないつもの私で下田さんの作品を拝見したいです。
スポンサーサイト

武井裕之個展 BURST THE INNOCENCE


アートコンプレックスセンターで開催された武井裕之さんの個展を見に行きました。


最終日前日にうかがったので、もうDMはありませんでした。

掲示されていた案内をぱしゃり





作品についての感想をぽつぽつと。

好きだと思った写真(タイトルなど失念。。)


水に制服の女の子が浮かぶ写真

私のイメージする武井さんの写真とは違った印象の写真でした。

武井さんの写真の中の女の子は、光のあるそこにただ存在していてそれが収められたように思うものなのですが

この写真はシチュエーションがあり、劇的というか、童話っぽいというか、そう思いました。

水面に浮かぶ制服を着た女の子、なのですが

水中に見えるもの(石とかじゃなくて、ゴミのような、なにか人工的な色をしたもの)があったのですが

それのせいなのか、女の子から広がる波紋のせいなのか

汚れた水(世界、世の中)に女の子が投入されて(存在して)浄化されていき、清らかさが広がる

という画に見えました。

光にいる女の子とは違った、色のついた女の子だと感じました。


卒業(お部屋の奥にあったもの)

どきりとしました。

まず、アップで写れるモデルさんはすごい、と思いました。

どきりとした理由ですが、目元のきれいについたマスカラとハイライトのお化粧、それと対比してみてしまう口元の産毛、がそのわけです。

ちぐはぐさというか。

整えている少女なんだな、というか。

女の子って子どものときからお化粧やおしゃれが好きですよね。

でも大人の女性ほど、スキのないものにはできない。

技術だけでなく、どういったことに注意を払えばいいのか、周りからはどう見えるのか、経験値が足りない。

その途中の、まさに女の子(少女)らしさのようなものを感じました。

(大人の女性でもスキのある人が私は好きです。)

学生時代、水道水の蛇口から出る水に唇をそえて水を飲む同級生の、口元の産毛についた水滴を見て、ときめいたことを思い出しました。

周りがおしゃれに目覚めて、汗抑したり整髪したり脱毛したり、そういう女子が急激に増えたときに

清潔感のある友人の、産毛に水を光らせる姿。

彼女に異様な好感を持ったのです。

(私が好きだった男の子が好きだと噂されていた子だったので、自分も魅力に気付いてしまったと思いました。)

…そういうことをいろいろ考える写真でした。


コラボされていた、新見麻紗子さんの作品もよかったです。

心の破片とのことでしたが、単純にガラス、というわけではなく

私には海をイメージさせるようなデザインでした。

水中のぷくぷくさらさらという音が聞こえてきそうな。

それが少女の心の波動に連動しそうな(そう感じたのは貝殻のように見えたからかな?

切なく、重く、鋭く、儚い、でもそこにある

そんな心の一部を目にしたようでした。


フリーペーパーのQueもいただき、帰ってから読みました。

武井さんと七菜乃さんの対談が興味深かったです。

(私は七菜乃さんとお話をしたことがなく、こういった文章も初めて見たので、いつも写真の中にいたきれいな人が現実味を帯びて現れた感じがしました。(フェチフェスで見かけたのですが美しくて一声も発せなかったのですよ

それからこれは武井さんの写真のことではないのですが、女性のドラァグクイーンがいることを初めて知りました。(うらやましいと感じましたし私もやりたいなあと思いました。




見に行けて本当によかったです。

私も武井さんの写真の中の少女のようになりたいなあ。

フェチフェス05 ありがとうございました!


イベント終了後に積もった仕事やら確定申告に追われ、すっかり書くのが遅くなってしまいました。。

大変遅くなりましたが、フェチフェス05、ありがとうございました!

会場監視カメラのニコ生も見ました。

一応、一般開場前に挨拶に回っていたのだけれど

みなさんお忙しいし、出展数100超えだったので間に合わず

しかしニコ生を見られたおかげで、いかに豪華なパラダイスだったかを実感しました。

(開催中はお客様と出展者で会場がぱんぱんで、移動もたいへんだったようです。)

そんな中に参加させていただけて本当に嬉しかったです。

足掛け二年くらい憧れていたイベントに出させていただけたのですもの。。

感無量でした。

(フェチフェス02ではFFGをさせていただいたのですが、そこでお世話になりました02からのFFGみなさんにもお会いできて嬉しかったのです。)

ニコ生で最後に集合したときの様子。



私はちょっと仮面とかが着ぐるみが苦手なので、どきどきしましたよー

会場には素敵な装いのかたがたくさんいらっしゃしました。


今回のはちんこすろっとブースは物販とケアスペース運営をしました。

当日はまっつん、涼さん、ぽんすけさんのお三方がお手伝いをしてくださいました。

本当に感謝です。。

ありがたいことに、15時くらいから私はケアスペースにかかりきりだったので

売り子さんが居てくれたのは本当に助かりました。

ちょっと心残りなのは、今までの即売会とかはそこまでケアスペースが繁盛することはなかったので(苦笑)

自分で説明しながら物販できていた点です。

今回は地獄先生ぬ~べ~に登場する濡れ女子の格好をしたロムを新作として出していたので

これが和装フェチ、エイジプレイ(赤ちゃんプレイ)の写真だったので(かつ初セルフポートレイトロム衣装オムツ前掛け自作)

共感しあえる仲間的なものにも直接出会いたかったなーという気持ちです。

体が分裂すればいいのに!(影分身の術!)

物販をご購入くださったのにお礼も言えなかったみなさま、ごめんなさい。

(いつもサインを押し付けて書いているのですが、それもできませんでした。もしサインが欲しいという貴重なかたがいらっしゃいましたら、別イベントでもお声掛けくださると嬉しいです。)


交流はあたけれどなかなかお会いできずにいた涼さんと。



涼さんは鍼灸実演のモデルも務めてくださいました。




この鍼灸実演でも反省が…反省文を読みたくないかたはとばしてくださいね。

同人即売会の鳴り物禁止が身についていて、拡声器などを持たずに行った。(会場は賑わっていたので、とても地声で解説は無理でした。。)

お客様の対応に追われ、予定していた二度目の実演をしなかった。(こちらはぽんすけさんがモデルさんの予定だったのです…)

ベッド前に物販を広げたせいで近くまでお客様が寄ってきにくい。

んー、こんな感じですが、次回以降に機会があれば改善したいと思います。

フェチフェス公式カメラマンさんに撮っていただいた写真。手にしているロムは新作。




ケアスペース運営中のはち。




不馴れなこともあり、めまぐるしく過ぎてしまいましたが

とっても楽しかったです!

また参加できたらよいなーと思います。


最後に改めて、お越しいただいたみなさま、他出展者さま、スタッフのみなさま、ニコ生をご覧くださったみなさま

ありがとうございました!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。