FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE VIBE BAR WILD ONE

渋谷にあるバイブバー、ワイルドワンさんへ行きました。

バイブとは性玩具のあれのことです。

女性、もしくはカップル限定で入れるこのお店は(イベントによっては男性オンリー入店もできるみたい)

たくさんのバイブが店内に溢れています。

実際に手にとって、重さ、感触、動きなどを確かめることができます。

衛生面からだと思いますが、性玩具というものは売ってる場でパッケージから出すことはできません。

実物を確認して購入することがなかなかできないものです。

しかし、このワイルドワンさんでなら、実物を見るだけでなく触って試すことができるのです。

(さすがに実際に粘膜へ接触させることはできませんよ!)

しかもお気に入りがあれば、近隣にあるワイルドワンさんのアダルトグッズ販売店で購入することができます。

バイブバーに入店したその日なら、割引もあります◎

私はお気に入りをみつけて、購入する決意でお店へ行きました。


週末に行く予定だったので、念のため事前に予約をしておきました。

入店して靴を脱いで(これが中でかなりくつろげるんです)

「ふるさとーお」風の照明?をくぐり、店内へ

KIMG0343.jpg


3人だったので、奥のテーブルに着席しました。

壁の絵が春画みたい

KIMG0333.jpg


テーブルにはカラフルな液体の入ったチューブと、オナホで有名なTENGAさんの“イロハ”というローターが並んでいました。

KIMG0328.jpg


スタッフさんが使い捨て手袋を持ってきてくれて、店内の説明をしてくれます。

ツードリンクで時間制で、店内にあるバイブは手袋をつけて触っていいこと、など。。

さっそくテーブルのチューブに入っているものが何か訊きました。

KIMG0336.jpg


なんと、味つきのローション!

はっきり何の味だったか失念しましたが、メロンソーダとマンゴーとベリー系だったと思います。

もうせっかくなので、どれも口にしてみました。

んー…むふふ

え、これは舐めさせるための味つきなんですかね

それともやっぱり女子受けをよくするために、おしゃれな感じを醸すあれですかね

(実際、パッケージや色はとても女性受けよさそう


ローションの味見を終えて、ひとまずテーブル周辺にあるバイブを触ってみることにしました。

KIMG0330.jpg


ビニール手袋をしてバイブを持つと、なんだかエロチックな画になるよ!

KIMG0342.jpg


見て、これ光るよ!敵を倒せそうだぜ!!

KIMG0341.jpg



私は本気でバイブ選びをするため、付き合ってくれた友人女子を放置して店内をうろうろ

カウンター席の向こう側に並ぶ、ずらり圧巻なバイブたち

KIMG0332.jpg


スタッフさんにいろんな質問をして、気になるものを片っ端から物色しました。

スタッフさんは本当に親切で、「こんなバイブが欲しいと思っている」という要望に細かく応えてくれます。

また、みなさん女性なので、スタッフさんご自身の体験談や意見もうかがえます。

真剣に、性のことや快楽のことを話してくれる、リアルではなかなか難しいことかも知れません。

とくに女性の場合、照れとかもあるでしょうし、男性ほどオープンな話題ではない気がします。

でも、このお店でなら大丈夫なのです。

付き合ってくれた友人たちとも、これまでできなかったタイプの会話を交わせました。

(シモネタ的な感じで性のことが会話に出ることはありましたが、真剣に(?)話題としたのは初めてです。)

(私の場合は対女性との性的な会話に抵抗というかなんといかな気持ちがあり、普段は自分からはあまりしないのです。)

私はスタッフさんにこんなことを言いました。

「ピストン系の動きをするバイブはありますか」

「ローターのついていないタイプのバイブはどのへんがオススメですか」

「素材がプラスチックみたいな感じのではないのがいいのですが」

「ボタンとかも含めて光らないものはありますか」

などなど…スタッフさんはその都度、バイブを紹介してくれます。

そして例えば

「固定して使う派か、自分で動かす派かでも違ってくるんですよ」

「このバイブなら、こことここが刺激できます」

といったアドバイスなどもくれます。

本当に知識が皆無でも、初歩的なことでも真面目に応えてくれますし

用語がわからない、玩具を使った自慰が未経験、といった人でも

優しく丁寧に話してくれます。

私たちのほかにも女性どうしのお客さんが数組いて(テーブル席)カウンターにはカップルさんがいて

和やかでいい空間でした。


話題で聞いてはいたお手洗いも入ってみました、落ち着いて用を足すことはできないよ!

こちらは和式

KIMG0347.jpg


鏡に映っているのがちょっといやらしい

KIMG0346.jpg


こちらは洋式

KIMG0350.jpg


股間を接写した、思いのほかはっきりと性器だったので塗ってます(肛門は性器じゃないからね

Effectplus_20151221_230858.jpg


ペーパーホルダーがかわいい

KIMG0348.jpg



細かく細かく品定めし、購入するバイブを決めました。

その際に「素材にゴムが使われていないかわかりますか」と尋ねました。

ラテックスアレルギー持ちなので、そのあたりの確認も重要です。

(通販なんかだと確認することが困難なので、こういった点でも安心できます。)

スタッフさんは電話で確認をとってくれます。(なんて親切なんだ

結果、購入したいバイブは大丈夫とのことだったので、買うことに…と

「すみません、こちらちょうど在庫切れみたいです。。」

がーん

…そうかそうか!やっぱり人気なんだね!十分品定めさせていただけたし、ワイルドワンさんはネット通販もやっているのでそちらで購入しよう!

ということで、私は戦利品なくお店を後にすることに

友人が購入を決めたものはバイブバーにも在庫があったので、アダルトグッズ店のほうへは寄らずに済んで、その場でお買い上げ!


あーとっても楽しく、充実した時間でした◎

個人的には男性と行くとかまととぶりそうなので笑

気心知れた(と私は思っている)友人たちと行けてよかったかなと思います。

本気で探せましたし!

友人と真剣談話に、彼女といちゃらぶデートに、おすすめします。



おまけ

購入したバイブさん
KIMG0470.jpg
スポンサーサイト

パクチーバル8889 フクロウカフェタイム

ずーっとずーっと気になっていたお店へ行きましたよん。

高田馬場にある、パクチーバル8889さんです。

私はパクチーについてあまりよくわからないのですが

(食べたことないかも、だからいずれそちらも楽しみに行きたいと思う)

8889さんにはたくさんのフクロウがいて、土日の昼間はフクロウカフェとして営業されていました。

現在は平日もフクロウカフェタイムをやっているみたいです。(つまり土日休みじゃなくても楽しめる!



フクロウってかわいいですよねえ。

不苦労で凄く縁起もいい!

オープン前に行きましたが、既にお店の前で開店を待つお客さんがいました。

お店の中がガラス窓から見えて、フクロウたちが…!

はわわわわわかわいいよかわいいよ


ワンドリンクオーダーで一時間滞在できて、フクロウとも触れ合えます。

フクロウは指名制(!)

家族たちで行ったのですが

ドリンクもフクロウも迷っちゃって、オーダーまでに時間をかけてしまいました(;^ω^)


ドリンクは写真のやつ。

私はグリーンスムージーにしました。(グリーンスムージーってなんぞや?と思いましたが、店主さんに訊くと何が入っているか教えてくださいました。

家族はラテとココア。

こちらはラテアートを施して提供してくださいます!

ドリンクの上にもかわいいフクロウがーほえほえー(*´ω`*)

弟は「飲むのもったいなくなるね」と言っていました。

私はてっきり、ラテアートはホットドリンク限定かと思っていたので

冷たいものでも描いてくださって嬉しかったです。

消えちゃう前にパシャリ。

グリーンスムージーは飲みやすくて美味しかったです。

この日は小松菜とチンゲン菜でした。


KIMG0378.jpg


ドリンクと一緒に写っているのが、フクロウたちの紹介冊子です。

写真と名前、種類や大きさ、有名人だと誰に似てるかなど書かれています。

この誰に似てるかというのが、まさにその通りなのです!

恐らく店主さんが考えてらっしゃるのだと思うのですが

似てる有名人は納得だし、指名選びにますます悩みました。


いざ、フクロウタイム。

と!

指名しようとしていたフクロウさんは既に別のお客さんが…!

人気なんだね…!

ということで、他のフクロウさんを指名。(フクロウさんのおうちを見て、この子がいいです!というふうにもできますよー

我々のところに今回来てくれたのは、スージーさん、トトさん、レッドさんの三羽。

持ち方を習って、触り方を習って、手を消毒して

れっつフクロウー(*゜∀゜)

レッドさんは終始店主さんに口をカチカチしていて

「これはなにをしてるんですか?」と尋ねたところ

「威嚇です」と店主さん。

えーっ(・・;)お世話してくれてる人なのに威嚇するのか…と思いました。

まあ動物ですものね。

でもね、どのフクロウさんも、店主さんが撫でると気持ち良さそうにするんです。

私達が真似ても無反応…ツボが違うのかな?触り方かな?といろいろ試しましたが

同じような、目を閉じてくつろぐ様子にはならず

難しいなあ、やっぱり毎日お世話してる人は違うんだな!と思いました。

KIMG0394.jpg

KIMG0360.jpg

1450155894992.jpg




帰りにフクロウのボタン(?なんというのか、アクセサリーとかのパーツになるもの)をいただきました。
記念!


たっぷり癒やして貰って帰ってきました。

あー今思い出してもかわいい。


また行きたいです。

そしてバルタイムにもうかがいたいです!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。