恩賜上野動物園

人生初の上野動物園だよー!

私は多摩育ちなので多摩動物公園が動物園の定番でした

そのため、上野動物園は前を通り過ぎるだけだったのです

しかし!

生パンダを見るために訪れました◎

パンダといえば、多摩動物園にある上野にいたパンダの剥製しか見たことがなく

パンダで並ぶのかよーと言いながら行列に並び

いざパンダを目の前にしてパンダパンダ!と興奮しました

本当に人が入ってるみたい…

そして、一度パンダコーナーへ行くと(パンダは部屋でなく遊び場にいた

なかなか抜け出せなくなる(笑)

人に押されて押されて、写真も撮れませんでした(´・ω・`)

や、でも、パンダ近くに来てくれたからね

目もあった気がするしね

はあ、可愛かったな、白と黒で



そして後々見たレッサーパンダの扱いの違いに驚愕しました…レッサーパンダだってかわいいのに。。



多摩動物園はね、見て回ることが運動なんです、訓練なんです

それと比べて、平坦な道を楽に見て回れる上野動物園はお年寄りにも優しいなと思いました。


でも、多摩ZOOの広々した空間、飼育現場に慣れていると

ちょっと動物が可哀想だなと思いました。

私が動物なら多摩ZOOを選ぶかな。

それに動物と距離が近くて怖かったです。

とくにカバ。

多摩ZOOは飼育場との間に堀のように溝があるので恐怖を感じませんが

いやいや、動物が本気出したらこっち来れるでしょ、来たら勝てないでしょ!?

と思いながら見学しました。


爬虫類コーナーはとても混雑…

蒸しているのは環境のせいだけでなく人間の…ですよね

バンザイしてるコモリガエルが可愛すぎた

KIMG0625.jpg


入園前、挫けそうになったんだ

入ろうとしてた場所が工事中で、別の門まで行かなきゃならなくて

でも行けてよかったです。

ゴリラはおうちに帰っちゃってたけど(゜-゜)
スポンサーサイト

岩下の新生姜カクテル

TLの新生姜祭りにのりたかったのですが

ダジャレのセンスは皆無なので

自分の好きなことでやってみられることは何かと考えて

岩下の新生姜を使ったカクテルを考えてみることにしました。



実はそもそも私、岩下の新生姜を購入したり食べたりしたことが人生で一度もなかったのです。

幼少期は兄弟と争って食べたお漬物、

多分その時に人生のお漬物キャパシティを超えたのでしょう。

小学校に上がるより早く、お漬物を食べなくなりました。

たまに自分で漬けるものを覗いて

市販のお漬物全般が苦手で

その理由もあり岩下の新生姜処女だったのです。



さて、そんな私がスーパーで岩下の新生姜を初購入しました。

こちらです。



岩下の新生姜を使ったカクテルについて思いついた時に、一番始めに浮かんだアイディアは

新生姜をマドラーとして使う

でした。

しかし、この案のカクテルは作ってみてからおじゃんになります。

何故なら既にこの世に存在していたのです…岩下の新生姜マドラーのカクテル。

岩下さんのホームページでも紹介されていました。

確認不足です…。

でもせっかく作ってみたので、掲載します。

(久しぶりにカクテルを作ろうとして、かなりのグラスを壊して捨てていたことに気付きました。自宅にある小さめのグラスを使っています。柄は気にしないでください。)



名前は“新生姜フィズ”です。

レシピは
岩下の新生姜一本
岩下の新生姜の漬け液:ウォッカ:ブルーキュラソー
1:1:4
炭酸水適量
です。

漬け液とウォッカをシェイクします。
グラスに注ぎ、炭酸水でアップします。
ブルーキュラソーをグラス伝いにそっと入れ、仕上げに岩下の新生姜をマドラーとしてさします。

ソルティドッグのような、塩気を感じるカクテルです。
一口目は海かと驚きますが(ぇ
ブルーキュラソーを混ぜれば塩気が緩和され、新生姜の香りが発され、ジンジャーエールのような味になります。
岩下の新生姜がポンジュースとコラボしてるのを知り、キュラソーを使いました。




新生姜マドラーがパクったようになってしまったので

もう一種類作りました。



名前は“しんしょうがくせい”です。

レシピは
薄くスライスし桜の花びらのように切り込みを入れた岩下の新生姜
岩下の新生姜の漬け液:桜のリキュール
1:3
炭酸水適量
です。

グラスに漬け液とリキュールを入れ、炭酸水を注ぎビルドします。
スライス新生姜を浮かべて完成です。

使用する桜のリキュールの種類で変わると思いますが
塩漬けの桜がのった和菓子のような風味です。
塩気が強ければリキュールとの割合で調整します。
同系統の色をしたリキュールで漬け液の色味をカクテルの見た目にも出し
スライス新生姜で愛らしさを出しました。
岩下の新生姜が、味の面では引き立て役になり、視覚的には主役になる、働きを見せてくれるカクテルです。
名前も、桜と言えば春、春なら入学!とダジャレに結びつけてみました。


でも、このカクテルも作ってから気付いたのです。

今回、私に岩下の新生姜と出会うきっかけを作ってくださったのは

12周年記念に岩下の新生姜演目を制作し、新生姜の妖精となった憧れの栗鳥巣さんです。

栗鳥巣さんはお酒を飲まれないのです…

きっかけをいただいた人に試して貰えないなんてダメだな、と思い

名前もしんしょうがくせいだしな、と思い

ノンアルコール版も作ってみました。


作り方は同じで、レシピは
薄くスライスし桜の花びらのように切り込みを入れた岩下の新生姜
岩下の新生姜の漬け液:モナンの桜シロップ
1:1
炭酸水適量
です。

こちらはモナンの桜シロップがどちらかというとチェリーの香りなので、フレーバー付きの炭酸飲料のような飲み口です。
ほんのり塩味で未成年者でも楽しめる甘いカクテルになりました。





私がてきとうに作るカクテルは、提供相手にいつも「殺される」と言われてしまうので
アルコール度数を抑えたり、いろんな割合を試してみたりしました。

好みはあると思いますが、岩下の新生姜カクテルに興味を持たれたかたにはぜひお試しいただきたいです!

非公式ですし味の保証はないですが><


久しぶりにお酒をいじくって楽しかったです。

あ、もちろん購入した岩下の新生姜はそのままでもいただきました(*^^*)