FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武井裕之写真展 MAIDEN VOYAGE 旅立ち featuring 加藤ひろえ


アートコンプレックスセンターで開催されている武居裕之さんの展示を見に行きました。

KIMG0658.jpg

前回いいなと思っていた水に浮く(?)写真がまた展示されていたので、やっぱりいいなーって思いました。


好きだなと思った作品

左の壁にあったブルマで後姿の写真
上半身の黒いけれど闇ではなくて、モデルさんのお顔がはっきりわかるところがいいなと思いました。暗い部屋で、そこに入る日の光。暖かい色のその光が脚にかかっていて、それがよりいっそう上とのバランスでよさを感じました。

奥の水しぶきの写真(DMでも使われている写真)
光の色味が冬かと思いました。水色のセーラー服っぽい格好なのに、その寒々しさがなんともいえない気持ちになりました。(武居さんに確認しましたら、撮影は夏だそうです。そりゃ、あんな水の中で冬撮影だったら大変だ。。(武居さんは、もし冬撮影だったら拷問とおっしゃってて、それがおかしかった。)

右の壁にあったチューリップ持つ手が背中にまわされている、後姿の写真
見える範囲では着衣でないのでヌードの分類かしら。左側面の(わき腹沿い)描く曲線と、持たれたチューリップの茎や葉の曲線が相まっていいなと思いました。皮膚に出る鳥肌や、第七頚椎、第一胸椎の突起が突起だけれどぽこりとやわらかそうなところといった、モデルさんの質感が素敵だなと思いました。

右手前の壁の白い下着姿の写真
おへそがいい!顔の髪による隠れ具合がいい!首の胸鎖乳突筋のスジが出てるのがいい!股の向こうに見える指?手?がいい!(武居さんの写真って浄化されたり清らかな気持ちになることが多いのだけど、これはボキーンとなりました。)



それから今回は加藤ひろえさんというかたとのコラボレーションをされていて、会場にはお花が展示されていたのですが

右奥の昆布のオブジェというのがいいなって思いました。

その上にある作品の中でも使われているものだったのですが

これが今の私の心にとても合っていて、多肉植物がかわいくてたまらなくなりました。

ひもみたいなところ(これが昆布?)と、そこにつく植物がいとしさを感じました。(一点多肉植物でないものもありましたが、それもよかったです。あの植物に撫でられたい。)

自宅で生き物を飼わない、置かない、育てないと心に決めていなければ、連れて帰りたくなるような存在でした。


武居さんはおはなしさせていただいてもやっぱり穏やかで、作品にも武居さんご本人にも、心の浄化をしていただきました。
スポンサーサイト

村田タマ写真展 『いまは、まだ見えない彗星』

神保町画廊さんで開催中の村田タマさんの個展を見に行きました。

KIMG0657.jpg


タマさん、作品もご本人もとてもかわいくて好きなのです。

だから毎回作品を見られるのが楽しみで。

今回の展示は、入って左側がかわいく作られた世界のかわいいタマさんの写真で、右側が自然な雰囲気の写真でした。

SNSとかで自然な感じのセルフポートレイトをされているのは知っていたけれど、

その写真がたくさん並んでいると雰囲気の違いをはっきり感じて(右と左の空間が分断されているみたい

別のタマさんをみるわくわく感がありました。

もちろん左のかわいい作品もいいなと思ったのだけれど

今回一番いいなと思ったのは右の作品の中に並んだ、ちょっとぼやけた風の(ピントがタマさんにない)作品でした。

好きな女の子のお部屋に連れて帰って貰ったプレゼントされたぬいぐるみみたいな気分になった。

前にSNS上にあげていた、鏡の中のタマさんを写しているカメラを持ったタマさんの写真もやっぱり好きで

タマさんワールド(かわいく作られた世界の)にないタマさんのセルフポートレイトもいいなと思いました。

色が落ち着いているし、作品の中の色味がビビッドでもタマさんのなかは(本人のしつというか)こんなふうなのかもなと想像を巡らせたり。



タマさんの写真って真似たくなってしまう。

真似たところでかわいいタマさんになれるわけではないのにね。

今月末までの会期だそうなので、まだのかたは是非です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。