FC2ブログ

デザインあ展

最近、見入ってしまう番組No.1のテレビ番組

デザインあ

の展示を見に行ってきました!

この番組はいろんな試みがされていてとても面白いと思っています。

ただ、私は映像よりも番組内の音楽が好きで

音楽と映像がリンクしてるとじっと見ちゃうのです。

あの映像と音楽はトランス状態になってる時の頭の中を実物にしたような感じなので

簡単に言うとトリップするのです。

気持ちいい。

(そのせいなのか、『解散!』というコーナーが本として販売されていますがあまり魅力を感じなかった。音ありきなのですかね…)




さてさて、そんなデザインあの展示ですから、最近ひきこもり気味な私もお出掛けしました。

(と言っても次の記事に書く展示について調べていたら、近くで開催してるのを知っただけなのですが…)


場内は撮影OKで、企画が小学生を対象としているらしく

120センチの身長に合わせて作られていました。

(とっても見やすい!ただ、壁にかかった、様々な“あ”のデザインは高くて見にくかったです。)

なかなか混んでいて、少し並びました。

一番楽しかったのは、

やはり音楽と映像の部屋。

四角い部屋に入ると、番組内でのコーナーの映像が四方の壁一面に流れていて

音楽が結構な音量で流れていて

部屋の真ん中に並べられた物たち(ボールとか文具とか)に、関係するシーンでスポットライトが当たったりする
(映像で赤色が流れていたら、赤いものにスポットが点く、といった感じ。説明し難い)

という展示でした。

テレビ画面で見るのとは違い、

音に溢れ、映像に囲まれ、

かつ、テレビにはない三次元の現物にリンクさせるというのがとても楽しかったです。

飽きないしずっと見ていたい。


思わず「あ!」と言ったのは穴を覗き、その穴の形に関連した絵?が見えるという展示です。



他にも楽しそうなものはたくさんありましたし、

逆に、テレビ番組の中で映像として流れてるからこそ面白い企画なんだな、と感じるものもありました。


はしゃいでしまいたくもあったし、実際にやってみたい企画(パズルの組み換えや風呂敷の包み方など、実際にやってみるワークショップ的要素の多い展示でした)もありましたが

いかんせんお子さんや親子での来場者が多く(わかってたけど)

そこに交ざるのもなんだか気が引けて

全体的にちょっと遠目に見る感じでした(笑)

妹を連れて行けばよかったf(^_^;


大人でもとても楽しめるし、あ!となる、発見してしまう展示でした。

まだしばらくやっているそうなので、オススメです!

六本木界隈にお出掛けのかたはぜひ。



番組内の曲のCD欲しいなー。

(どうでもいいけど、同じNHK教育テレビの番組、ピタゴラスイッチの曲をやっている栗コーダーカルテットが好きで、彼らのCDはよく買っているよ。オススメです。)
スポンサーサイト



COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)