FC2ブログ

リフレクション 写真展


新宿御苑近くの

Place M+M2 gallery

というギャラリーで行われている

『リフレクション 写真展』

を見に行ってまいりました。

公式ホームページ
http://reflection.mmproj.com/


私の写真の師である、小平雅尋先生が新作を展示してるとのことで。

わくわく。



ギャラリーは二階と三階に分かれていて、

小平先生の作品はどこだろー

と思いつつ、二階から見ました。

私はあまり風景を撮らないので

全体、作品の並びを見ての感想なのですが

民家の写真が並んでいるのが印象的でした。

同じ日本だし人の生活してるところなのに私の印象というか記憶にはない景色だったのです。
(同じものをみたことがない、とかではなく、気配というか印象として同じものを経験したことがないというか。)

車の写った写真があったのでナンバーを見たら青森、

常々言ってますが私は長野より北に行ったことがないので

そこから先の地の生活感というか空気というか

多分まだ自分にとって未知なものであることを

印象として受けたのかな、と思いました。


小平先生の作品は三階にありました。

けっこう人がいたのでおろおろしましたが、

空間に入るととても居心地良いことに気付きました。

(小平先生の写真だけが並んだ部屋は前にも心地よさを感じていて、そして今回他のかたの写真も並んでいましたが、直感的にというか体感的にそのかたたちの写真も私は好きなんだろうな、と思いました。)

その場でなぜか取ったメモにこう書いてあります。

「入って手前、正面から右手の写真たちが黒、奥、左手の写真たちが白のよう。」

小平先生の写真に関してです。

見ていただければわかると思いますが、第一印象がそう与えられた配置でした。
(これについては小平先生にもお話しいただけて、意図してそうしたものだそうです。)

私のイメージにある小平先生の写真は黒のほうなのです。

黒に白がのった写真。

光があるから影ができる、ではなくて、暗闇に光がある、黒に白がのる。
(私のイメージであって、とても抽象的な言葉になってしまってますが。)

だからなんとなく、新しいタイプの小平先生の写真だなと思いました。

正確に言うと、今まで撮られていたものではあるのだから、最近表に出したのだな、というか。

どちらも好きです。

ただ、これも、私のイメージには薄い草木の(木の幹とか、もっさり生えた草とか)写真は

慣れなくて、不思議な感じでした。

先生の写真、雷のが印象強くて、空とか岩とかのイメージなんです。

草木、動物とかの生き物よりも。



最近の自分の写真についての話とかを先生にして

助言やヒントをいただけて

「!」となるものがたくさんありました。

やっぱり先生は凄いです。
(本人の前ではへらへらしちゃって言えないですが)

三階奥に展示されたカラーの写真を撮った船木さんというかたとも少し話しました。

なんだか素敵な日だったなー。




とりあえず目先、小平先生がおっしゃったセルフポートレイトをやってみようかと思ったり。

(そして治療院のホームページに写真をあげようと思ったり><)



『リフレクション 写真展』は4月21日までだそうです。

是非見に行ってみてください。

(私が撮りたい写真はこういうのでもありますー)
スポンサーサイト



COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)