FC2ブログ

口枷屋モイラ・村田タマ二人展 「少女ロイド-Girl's Fiction-」



神保町画廊さんで行われている

モイラさん、タマさんの二人展を見ました。

少女ロイドという言葉が可愛い。



お二人の合作の写真と、それぞれの写真と、箱やガラス容器(理科の授業で使うやつ)に入った写真との立体作品と、

グッズやロムの販売品とありました。



お二人の合作は、双子のような雰囲気で

押入に収まって写ってるのが可愛いなーと思いました。

なんというか、誰かに所有される玩具どうしみたいな感じ。

お人形というよりも、いつも連れて歩くぬいぐるみたち、という印象です。

そう思ったのは多分、愛らしさゆえにです。


モイラさんの作品は、足に連続して掛かった下着が印象的で、

始め、片足だけに掛けてるのを見た時はパンツだと気付かず

何という名称か知らないけど、女の子がお洒落で付けるあの足のシュシュみたいなやつかと思いました。

他の写真を見てパンツだと気付き

TSミュージックに行った時に、ある踊り子さんがパンツをシュシュみたいに腕につけてるのを思い出しました。

(そして道端に落ちてるシュシュを見て、パンツかとドキリとしたことを思い出した。シュシュって女の子のパンツみたい。)


タマさんの作品はカラフルな男性器のモチーフのようなものに囲まれた写真が印象的でした。

いやらしさは全くなくて、オスのマーク(♂)がわんさかに見えて、

それがきょとんって顔の可愛いタマさんと対照的でおもしろいなーと思いました。


立体作品はどれも素敵で、写真の世界観が箱の中で表されていて

とくに、透明な液の中に収められたやつがいいな、と思いました。

折り鶴が半分浸かってるやつが現実とあちらの境目みたいでよかったです。

写真をこうして作品にすることもできるんだと学びました。

(額の中に入った三つ編みの髪の毛も気になった…)


タマさんのロムを購入しようかと思ったのですが、そこでお財布その他諸々(治療院の印鑑とか領収書とか、その日使う予定のもの)が入った鞄ごと家に忘れてきたことに気付きorz断念。

(なんでそんな大事な鞄を忘れて出掛けてしまうのか…!)

次回に持ち越しです。



ギャラリーでその日上京されたばかりのタマさんにお会いできました。

タマさんにお会いするのは初めてだったのでとても嬉しかったです。

どんなかたなのかな、とずっと思っていましたが

写真からそのまま出てきたような可愛らしいかたで

ギャラリーに戻って来られたところ早々にお話ししてくださったのにたじたじになりました。

これからも気になるお方です。





少女ロイドは神保町画廊さんで28日まで開催のようです。

お二人がご在廊の日もあるようです!

興味のあるかたは是非*

写真はいただいた案内カードです。
スポンサーサイト



COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)