FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伴田良輔作品展「EROGENE」

みうらじろうギャラリーで行われた伴田良輔さんの作品展を見に行きました。

帰りの車内で思ったことをすぐ書き留めたんだけど

なんだかそれだけでもう長いし

鮮度のある言葉かもなーと思ったので

ブログにするための追記とかはせずに載せますー。

凄く心踊る展示だったよ。








前に同じことを言っていた気もするけど、一点だけあった版画の作品がとても気に入った(気になった)。

輪郭がぼんやりしてるけれども、黒の部分はくっきりしていて、立体的にも見えたし溶けているようにも見えた。

構図も好きなのだと思う。

元となった写真の写真集(全く同じ構図の写真ではなかったけど)を見て

女性を拘束する黒はただのテープで、平たい壁に貼り付けられているのだと知り

ますます、手で触られて完成したその版画が好きになった。

(写真と全く違う印象なのはそのせいなんだって思った。私は触られたものが好きらしい

夢の中だったり意識が朦朧としてる最中だったり、そんな感じなのです。

モデルさんが写真に入り込んでるのもよかったのだろうな、その感覚に巻き込まれるというか、頭の中がとろっとする。

倒錯してる時みたいに。



新しい技法の作品

部屋の壁四面のうち半分くらいをしめていたそれは

ぱっと見の感想が、操作を誤った時にカメラに表示されたアレみたいだ、というもの。

(アレとは、デジタルカメラの画面で撮影した写真を確認していた時にわからないボタンを押してしまって画像に出た赤や緑、青の点滅のことなのだけど、恐らく選択した部分と同じ光加減だったり色だったりの部分が表示される機能なのね。いまだに説明書を読んでないから意味や操作をわかってないのだけど)

なななのさんやモイラさんがモデルをされていて、

伴田さんの説明を聴いたりギャラリーのブログのコピーを見たりしてるうちに

なるほど、確かにデジタルな版画みたい

とも思ったし、2.5次元なのはモデルさんの存在感のせいにも思った。

(でも伴田さんは誰しもこうなれると仰って、私にはそれがすぐイメージできなかった。やっぱり視界に入っただけで画みたいになる人はいるから。普通の人はそうなれない気がする。そんな気がしてるからイメージができなかったんだけど。。

ジグザグな色と写真との境は
(始めは写真に色を塗ったのか、色紙みたいなのを切り貼りしてるのかと思ってた)

ジグザグなのに規則的に見えて、全身麻酔をした時に見た幻に似ていると感じた。

この作品は色のあるところとないところ、半々な具合だけれども

白黒の画に単一の色がのってる画が好きであることに気付いた。

(子どもの時の図画工作なんかで自分が作ったものはそういうのが多かったようにも思うし、アイアムアヒーローという漫画の一部だけ色のついたページが好きだったりとか、どうやら随分昔から持っていた嗜好のよう。)



ポラロイド写真はやはり独特だと感じたし
(もうフィルムが販売されてないというのがとても惜しい)

元のプリント写真と写真集とかの写真は全然違うと思ったし

紙質の違いで作品の印象が異なって不思議なことも

今回は一点だけだった膝の裏の写真作品のくぼみかわいい(変な言葉…)も

とにかく頭にたくさん湧く展示でした。

見に行けてよかった。


伴田さんが話してくださることも毎回とても面白いし、興味がわく。

今制作されているという絵もとても楽しみ。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。