FC2ブログ

武井裕之 渡邊安治 ふたり展 two and one half  二番目の次の恋

神保町画廊さんで開催中の武井裕之さんと渡邊安治さんの二人展を見に行きました。

いただいた案内葉書






武井さんが少女を被写体に写真を撮られていることは知っていましたが

渡邊さんについて存じていたのはホームページで拝見したプロフィールだけでしたし

いずれにしてもお二人とも直接お会いしたことはなかったので

(会ってみたくて)在廊しているとツイッターに書き込みがあった日にうかがいました。


ギャラリー内は盛況で混んでいました。

扉を開ける前に一番奥の写真が目に入って(扉はガラスなので中が見える)

ちょっとどきっとしました。

被写体の女の子が、昔好きだったひとに似ていたのです。

(多分、思い出補正みたいなものがあったりとか、モデルさんの見た目そのものが似ているというよりは雰囲気が近いというか、なので武井さんが写真作品にされて初めて私の『似ている』と思う領域にくるのだと思いますが(武井さんの作品だということは中に入ってから知る))

たくさんお客さんがいたことと、目に入った写真のためにちょっと入場をためらい?ましたが

神保町画廊は何度も来ていて自分も落ち着けるというか、テリトリーになっているので

思い切って入りました。


中はなんだか不思議な感じがしました。

なんとなく、ジャンルの違うものが共存しているというか

ビビットカラーとパステルカラーが並んでいて(これは実際の色合いの話ではなく、雰囲気の話)

でもチカチカせず違和感なく一緒にある。

二人の作品がある展示はこういうのが面白いなーと思いました。


作品の選び方についてお話しをうかがえて

(例えば、テーマに沿ってお互い写真を選んだ、とか)

今回はお互いが少しずつお互いの作品に寄せて合わせて選抜した旨をきき

納得しました。

うまく一緒にある感じってそういうやり方からきてるのかも。

(そういえば、武井さんは私がイメージしていた人とはちょっと違って、ふんわりした雰囲気のかたで(どんなイメージを持っていたかというと、渋い男性、のイメージ)渡邊さんも物腰柔らかなかたで(プロフィールのせいでやはりちょっとコワモテな男性をイメージしていた)凄く話しやすかったです。)


写真の中にいるのはどちらの作品も女性なのに

レンズに吸われているものが違う。

(撮ってる人が違うのだから当然といえばそうだし、作ったその時のなにをどうしたいかも違うからそうに決まっているのだけど、)

そこに本当にいろんな女性がいるみたいで

女性が苦手な私はたじろいでいました。

(それで、会期中にもう一回来よう、だから今はさっと見ようーと自分に余裕を持たせたのです。)


今回の為に作られた写真集を購入しました。

異なって当たり前なのだけど、展示されてる写真とは色とか雰囲気が少しずつ違って

やはり生の作品を見られるっていいなーと思いました。


画廊のさえきさんに(わがままを言って)購入したものを預かって貰っているので

それを受け取ることも兼ねて、(上に書いた言い訳のこともあるし)会期中にもう一度行こうと思っています。

12/14までだそうなので、お時間のあるかたは是非。



作品とは関係ないことなのだけど、画廊からの生放送が見られなかったのが後悔。
ユーチューブに上がるそうなのでそれを見ようと思います。

それから
画廊のなかで、お二人とさえきさんのほかのお客さん方とカメラの話をしていて
リコーのカメラで、覗き穴のところを上に向けられて、被写体のほうを向かず撮れるあれは凄くいいと思った。
実際触らせて貰って、意外にもポジションが安定するし、撮られるほうになっても緊張しないし
(でも撮影する時、鏡を目の下にあてて上の景色を見ながら生活した時みたいな変な感じを受けた)
面白かった。
お客さんのおねえさんが持っていたカメラも、フイルムを巻きながら撮る話をきいて(つまりうっかり蓋が開いた時に撮った分のフイルムは巻き取られているので感光を防げる)
なんて頭のいいおりこうさんだと感動した。



追記

212.jpg

会期中にもう一度うかがい、今回の為に作られた写真集をげっとしました。

(前半でサインして貰えていたので、インクの色が今と違う前期バージョンなのだとうかがい、なぜかにやつく)

お二人ともまたお話しさせていただけて、とても充実しました。

(自分でもあやしいと思うのだけど、話してることが楽しくてはふはふしてしまうのね。もうちょっと落ち着けってなる。)

武井さんとは前回にも少し話題にあった少女のその時間しかない瞬間というか、被写体のかたの話をしました。
写真集の表紙にもなっている写真の被写体のかた(上に書いた、昔好きだった人に似ていると思った女の子)に話がおよび、私はてっきりみなさん高校生くらいの年齢で被写体をされてるかと思ってたので(でもこの女の子はもう少し前の時間に思えていた)自分が感じた年頃に被写体をされていたことを知り、なんだか勘が当たったみたいで嬉しくなりました。
それから、自分が写真嫌いであった(・・・ある、現在進行形)こともお話しし、でも本当にあの時の自分はあの時にしかなくて、今どう撮っても撮られてもあの時の私のようには写らなくて、ちょっともったいなかったと思ってることを言いました。(あれ、自分の話ばかりしてる・・・orz
本当にその時だけなのに、本人は気付かなくて無意識な瞬間であることを話しました。
(ブログのプロフィール写真にしてる詐欺画像を見てくださったらしく、嬉しかったです。)

渡邊さんとは、私のへっぽこホームページを見てくださったそうなので少しそれについてお話しし、緊縛写真があったことに驚かれたそうなので事の顛末?を言いました。
作品についてよりは精神性?について熱くなってしまった気がします、SMの話も含めて。
両極のものであるけど表裏一体のつもりでいた私のSとMが求めるものは違っていて、それでMの求めてるものはなかなか満たされないし満たされ難いものなのだなーと実感しました。
(たぶん、受動的な欲求だからかな。)
最後のほうは、私は夢中になりたいのだ、と言葉で自覚しました。
(どうも幼少の頃から夢中に憧れがあるらしい、学校の四文字熟語課題で“無我夢中”を出したのを思い出した。私は頭真っ白になりたい。)

あー本当楽しかったです。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)