FC2ブログ

篭橋 月 個展『形状の譚』


アートコンプレックスセンターで開催された篭橋月さんの個展を見に行きました。


いただいたDM




私は篭橋さんの絵が大好きで(篭橋さん自身のことももちろんだいすきです

以前に『現実≠幻日』の制作にあたり、お願いして絵を描いて貰ったことがあります。

なので本をお持ちのかたは篭橋さんの絵をご存知かと思います。

(タンブラーでも作品を公開してらっしゃるので気になるかたはぜひ見てください。)


入ってすぐ、左手の受け付け後ろに飾られていたのは、私が「好きだほしい」と頼んでプリントしたものを貰った作品。
(あーしまった、またタイトルがすっぽ抜けている。。

手帳に入れられる大きさのものを貰ったので、実物がこんなに大きな作品だと(きいてはいたけど)目の当たりにして圧巻。

なんというか、貰った大きさであれば「自分の中におさまる好きなもの」なのだけど

展示されている実物は「魅了されているうちに中に取り込まれてしまいそうなもの」で

私が好きだなんて言ってる場合ではないと思った。

実物、見られてよかった。ちょっとおののいたけれど。


入って目の前にあった作品は、色を反転させたものが並んでいて、面白さを感じた。

元は同じなのに別の世界なの。


どの作品もよかったけど

展示された作品のなかでとくにいいなと思ったのは、一番奥にあった蓮の花の絵。

右手に大きな魚の絵があり(これはDMにされていた絵

私にはその絵が怖くて、多分、向こうに蓮の絵がなければ、足を向かわせづらかった。

浄化というか、死んだ時に導いてくれる光というか(死んだことないけど

明るい、とは違う。眩しい?のほうが近いかな

蓮の絵だからというだけでなく仏様のよな絵だった。


それから、トンボの絵。

羽のところが虹色で染みたみたいで

この絵を見た瞬間、書きたいおはなしが頭に浮かんだ。
(篭橋さんにきいて許可して貰えたら・・・文章にしてみようかななんて思ってる。)

ただただうつくしい。

(この作品のポストカードは帰りに購入した。)


額縁のある小さな絵もいいなと思って

枠と絵の境がなくて世界がまとまっている感じがして不思議で、訊いてみたら額があって絵を描いたものだそうで、

だからかーと納得した。

でも、元があるからといってそこにここまで一体になる絵を描けるってなかなかできないことだと思うから、ますます凄いと感動した。


あと、これは展示されていたものではなく、ファイリングされて見られるようになっていたものだけど、その中の女の子とたこさんの絵が気になった。

今までの篭橋さんの絵に対する印象と違ったから。


画材のこととかテーマとか、本当いろいろお話し聞きたかったけれどそこまでゆっくり居られなくて

でも久しぶりに篭橋さんに会えて、そして生で作品を見られて、よかった。うれしかった。


また個展をされる予定らしいので、今からとても楽しみです。

(蓮の絵のおかげか、帰りはとても穏やかな心だったなー)
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)