FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジブリの立体建造物展 江戸東京たてもの園


武蔵小金井か花小金井からバスで行ける、江戸東京たてもの園へ行ってきました。

たてもの園は小金井公園の中?併設?のような感じで

桜の季節は桜がきれいだったり…

もう何年も前に撮影のロケ地として訪れたきりです。

ひさしぶりにいきましたが、やっぱりひろーい!

たてもの園を散策したい気持ちもありましたが、メインは

ジブリの立体建造物展

です。

宮崎駿さんといえば、乗り物と幼女!(いっけね

なので、建物を中心とした展示とはどのようなものだろうー?とわくわくでした。

雨の中、午後一番に訪れたおかげか(お昼は蔵でうどんをいただいたでござる

そこまで混んでいなくて(でも第二ゾーンを見出したら混んでた。私以降に来てたお客さんはけっこう混んでた。

快適に見て回る。

最新作からさかのぼるような配置で

ぽにょあたりからジブリ作品を見ていない私は

ちょっとあまりわからず。

途中からやっと、「あのシーンのあのおうちの設定だー!」と感動が沸いてきました。

飛ぶものなんかはアニメでもよく目に付いて見ていたけれど(宮崎さんが好きなだけあって観客も思わず見てしまう画なのだろう

ジブリの建物で印象的と言えば、トトロの「やーいおまえんちおっばけやーしきぃ」と、千と千尋の「油屋」

あとは魔女の宅急便の「時計棟」ぐらいかなあ、私のなかでは。

映像を見ながら家の全体図を見る余裕がないのですな。

上げた作品のたてものはもちろん、ほかの作品のたてものの解説などもたくさんあり

そもそもあまり知らない「建造法」とか、いろいろ知れて(しかしすぐ忘れるのである

とても楽しい展示でした。

立体の模型は、アルプスの少女ハイジと草壁家が面白かったかな。

油屋のほうは、中覗けたらー><ってなりました、中見たい。

私はアニメのなかでも草壁家の洋室?お父さんが書斎みたいにしてるところが好きで

トトロとさつき、めいが芽を生やしているシーンのあと

お父さんがそこで手元の電気つけてなにやらやってるのだけど。

なんかあのシーンが好きでしてね

あとはお風呂とか。

そのあたりがいろいろ覗けるものでした。イメージふくらむ


アニメの中で、いろんな年代のいろんな国のたてものが混ざっているということを知って

それが異国感と懐かしさと、どこかでみた景色?デジャヴ?的なものを生み出しているのだなあと思いました。

ほんとういろいろたのしかった

帰りに武蔵野茶房で優雅に茶でもしばこうと思っていたのですが

はやくて20分まちとのこと。

あとの予定があったので、そのまま帰りました。

雨の中ふらーりとしたたてもの園の中もとてもよかったし

暖かくなったらまた行きたいな!


たしか今週末までですよ!
まだのかたはぜひ
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。