FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徳重秀樹 個展 - 脳 花 / BRAIN FLOWER -


Lower Akihabaraさんで行われた徳重さんの個展を見ました。

以前拝見したのは骨花という、動物の骨でできたお花とその写真の作品で

今回はタイトルの通り脳でできたお花の作品です。


ギャラリーの中には大きな四角い箱があり、作品はその中に展示されていました。

箱の中にはバターのような質感の薔薇。

美しくおいしそうでした。

触れば今にも溶けてしまいそう。

脳…でできてるんだよな、と思い出した時に

おいしそうって…と自分の感想にひきました。


今回は徳重さんご本人は地下のお部屋でパフォーマンスをしていて睡眠状態だったのでお話しはうかがえませんでしたが

ギャラリーのスタッフさんから教えていただいて

薔薇の素材は羊の脳だと知りました。

イスラムの食材なのだそうです。

…食材ということは、おいしそうと思っちゃったのは間違いじゃないのね?


四角い箱は形状維持のために温度管理するもの。

なぜか脳死を思った。



骨花は生死や人間の生命に対する考えについて思わされる作品でしたが

脳花は独立したもの、個を考えさせられる作品でした。

本当に脳がその人、その個を作ってるのだろうか。



作品としてあまりに美しくて、そして骨花と違い脳が素材だと一目でわからないので

どちらともとは生命体の一部だったのに

人に受け取らせるものの違いが不思議でした。



徳重さんは次になにをつくるのだろう。




スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。