FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「蓮花のころ ベトナムスクールガール」


KIMG0803.jpg


リコーイメージングスクエア新宿で開催されていた、小林幹幸さんの写真展を見に行きました。

写真展では小林さんだけでなく、被写体となっていたベトナムの高校生の作品も展示されていました。

(小林さんのことはツイッターで気になる発言をたびたびされているのを見てフォローしていて知っているという感じだったので、作品を拝見するのは初めて)


わーいいなーって思った作品を当日のメモを見ながら記憶。

蓮畑が背景の写真
佇むやつと腰掛けるやつ、どちらもいいなと思った。
この世のものではないように見える。
神聖すぎる、清らかで、心落ち着く、踏み入れられない、綺麗な場所と少女。
汚せない、穢れないもの。
そんな印象を持った。
蓮はお釈迦様の花だからそのせいもあるかな。

奥壁にあった石?の建物の階段みたいなところ、少女たちが向こうにむかってるような写真
懐かしさを感じた。
写真の中の光が福江を思い出させる。
少女の花園…ならぬ、秘密の楽園のような。
話し声が聞こえてきそう。

高校生の写真、全体的にどれもすてき
羨ましい、私にはもう戻らない時間だなって嫉妬する。
作者と被写体がまぜられてて、友達同士で撮っていて仲良しで、私にはなかった時間(高校時代に持てなかった時間)だから、私もこうやって過ごせていたら楽しい思い出になっていたかな、という妄想をした。





私、蓮の花が好きなのですが、好きなんだけど苦手で、それは神々しさゆえの畏怖からくるものなのです。

上野の不忍池なんか、本当にこわいの。

気味悪く感じてしまうの。心細くなるの。

でも、少女たちと写る蓮畑を見て、それって自分が清純なものではなくて、そこにいるだけで掻き消えそうに思うからなのだろうなって思いました。

私も純心な人間だったら、蓮の近くにいても怖さを感じないのかな、なんて。



あー今回の展示だって「アオザイいいなーうひょひょー」なんて見に行きましたから、邪から脱することは一生できませんねえ。



小林さんの作品、また見たいです。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。