FC2ブログ

眠っちゃいけない子守歌

8月末…

(また前のお話だよ!

紫竹さんが出演された、眠っちゃいけない子守歌というお芝居を観てきました。


劇場の感じがなかなか素敵。

一番前のすみに座りました。
(公演中とても寒くて、最後に風?の音響とひらひら雪が降ったけど、幻を見てるような気持ちになった。錯覚のような。)

二人芝居は今まであまり観たことがなかったので、お話を読むように進むのかと思っていたけど全然違いました。

冒頭で紫竹さんの尺八を久しぶりに聴いて
やっぱりいいなーとほれぼれ。

(構造とか全く知らないのだけど、そこにあるよ、普通に流れてるものだよ、という心にじんわりする音なのですよ)

さてさて、本編に関して…

物語の状況を察するのは少し時間がかかりました。

あれは所謂お手伝いさんとかではなく、ヘルパーさんみたいなものかな?

なんとも言えない気持ちになるお話でした。

一言では言えないのですが
家族に認知症(というより普通に老いてぼけはじめたというべきか、医師は認知症と言ってたけど)を患ったひとがいて、それを面倒見る人なんかを見てきてるので
この脚本が書かれた当時とかはまだそう広く思われてない時だろうし、どうだったのかな、と思いました。

二人のやりとりの中で思わず笑ってしまったところもあったし、

お芝居もとてもよかったです。

色々考えるものでした。
スポンサーサイト



COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)